教育資金の貯め方!NISA口座の活用法などを徹底的に解説

子どもを持つお母さんはこんなお悩みを持ったことはありませんか?
「子どもの教育資金をどのくらい貯めれば良いのだろうか」
「教育資金はどうやって貯めればよいのだろうか」

これらの悩みは、多くの方が持つものです。
「可愛い我が子には、奨学金を借りるにしても負担は大きくしたくない!けれども、どうやって教育資金を捻出すればよいのか分からない…」という悩みをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、教育資金の貯め方についてご紹介します。
コツコツ銀行の口座に預けている方もいるかもしれませんが、現在の日本はかなり利率が低い状況が続いているので、ひと昔前とは異なりその方法では十分な教育資金を貯めることができない場合があります。ペイオフなどの制度もあり預けた資金を回収できなくなるリスクは低いですが、その分見返りも非常に小さいのが現状です。
現在は多くの教育資金を貯める方法がありますので、それらをご紹介させて頂きます。

子どもの教育にかかる費用


子どもの教育にかかる費用をご存知ですか?
貯めるべき金額を決める上で、参考のために平均的にどのくらいの学費がかかるのか知っておいた方が良いでしょう。
以下、幼稚園から大学までにかかる学費についてまとめてみました。
—————-
幼稚園
公立幼稚園70万円
私立幼稚園140万円

小学校
公立小学校200万円
私立小学校1000万円

中学校
公立中学校150万円
私立中学校400万円

高校
公立高校120万円
私立高校300万円

大学
公立大学500万円
私立大学(文系)700万円
私立大学(理系)900万円

※費用は概算になります
※参考文献:文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」
—————-
ちなみにこれらは、学費だけではなく給食費などの費用も含んだ金額です。
また幼稚園、小学校、中学校、高校、大学全て累計金額を記載しています。年間の費用ではないのでご留意ください。
こう見ると、私立か公立に行くか、そして大学に進学するか否かによって、学費は大きく異なります。

幼稚園から高校までずっと公立で、高卒から働くとなると540万円程度の教育資金で充分です。
これに対して、幼稚園から大学までずっと私立で理系に進んだとなると3000万円近い教育資金が必要となってきます。
540万円と3000万円とでは、金額に大きな開きがあります。

多くの方は、幼稚園から高校まで公立で、大学が私立というパターンでしょうが、この場合でも1000万円は必要です。
子どもが何人もいる場合、奨学金を利用したりするのが現実的でしょう。
しかし、親心としてはなるべく子どもに負担をかけないように準備をしてあげたいものです。

教育資金を貯めるにあたって、まずは将来、自分のお子さんがどのような人生を歩んでいくのか想像して学資保険として貯める金額を決定するようにしましょう。
また、教育資金を貯め始める時期についてですが、子どもが小さければ小さいほど貯まりやすいです。

中学校、高校、大学と年齢が上がるにつれて、教育にかかる費用はかさんできます。学習塾に通い始めたり、習い事を始めたりするとどうしても小さいころよりもたくさんのお金が必要になってきます。
そのため、お子さんが小さいうち、0歳から10歳にかけて集中的に教育資金を貯めるようにしましょう。

もちろん教育資金を全て自分たちでまかなうのは現実的ではないので、奨学金制度を利用して将来子どもにお金を返して貰うことも想定に入れておきましょう。

教育資金の貯め方


教育資金の貯め方をイメージできていますか?
コツコツ定期預金で積み立てるというのも、ひとつの手段ではありますが、1000万円という大金を定期預金のみで貯めるというのは現実的ではありません。

特に子供が複数いたりするのであれば、なおさらのことです。
教育資金を貯めるには、投資や保険を利用することが有効なのです。

以下が主な教育資金の貯め方です。
■子ども名義のNISA口座を利用
■終身保険の利用
■児童手当を積み立て

投資や保険は上手く利用することで、教育資金を貯める上で大きな助けになります。
適切な知識に基づいて選べば、元手よりも大きな金額を手に入れることが出来るのです。
投資もいわば自分の資金をプロに代わりに運用してもらっているようなものですので、ある程度の信頼性はあります。

どこに資金を充てるのかは、事前にきちんと調べておくことが必要です。
ちなみにこれらの手段は併用しておくと、より安心です。
資金の一部はリスクの低い定期預金の積み立てに回して、残りの部分を投資などリスクは高いけれどもリターンも大きいものに回すと良いでしょう。

全てをリスクの高い資産に投資すると、損失が出てしまった時に大きな痛手となってしまいます。
そのため、最低限必要な教育資金をリスクの低いところにあてて、超過分をリスクが少し高いところにあてるとバランスが良いのではないでしょうか。

子ども名義のNISA口座を利用

まず教育資金を貯めるにあたって有効な方法は、子ども名義のNISAを作るということです。
NISAとは、2014年1月にスタートした個人投資家のための税制優遇制度です。
NISAでは投資によって生じた配当や譲渡益のうち120万円が年間で非課税対象となるのです。

通常の投資信託をしていれば、投資して儲けた分は課税対象となります。例えば、株式を購入している会社からの受取配当金や、株式の売却によって生じた売却益が課税対象となってきます。
このNISAに続いて、2016年度より0~19歳の未成年者を対象としてジュニアNISAが誕生しました。

ちなみに実際に運用を行うのは、当然といえば当然かもしれませんが、未成年者ではなくその親権者を持つ親です。
NISAを利用すると、5年間で最大400万円も非課税になります。

5年の投資期間が終わっても、400万円までであればもうかった分は、非課税ですので全額を取得する事ができます。
投資期間である5年を過ぎても、ロールオーバーすれば20歳まで非課税なのです。20歳を過ぎてしまえば、通常のNISAと同様課税されてしまうので注意をしておくようにしましょう。

NISAを始めるタイミングですが、マーケットを見極めて契約を行うのが良いでしょう。
ひとつの判断の目安として、マーケットの金融商品が暴落している時に買いを行うと、安くたくさんの金融商品を購入することができます。逆に、マーケットの金融商品が高止まりしている時は一般的に売りの時期です。

終身保険の利用


意外かもしれませんが、終身保険を利用することも教育資金を貯める上で有効なのです。
終身保険とは、一生ものの保険であり死亡した時に保険金を受け取るという仕組みのものです。しかし、終身保険の種類によっては、途中解約すると払い込んだ金額よりも多くの返戻金が戻ってくることがあります。

契約をする際には、払い込んだ金額よりも多くの返戻金が戻ってくることを確認してから、契約を結ぶようにしましょう。
また円貨建てよりも外貨建ての終身保険の方が、より多くの返戻金が戻ってくるので、外貨建てのものを選ぶとなお良いでしょう。しかし、外貨建てであって為替リスクがあるので注意が必要です。

為替リスクとは、為替変動によるリスクのことです。海外旅行に行ったことのある方であれば、なじみ深い言葉かもしれません。例えば、1ドルが100円と1ドル120円であれば、どちらのタイミングで円貨を外貨に変えたほうがお得でしょうか。
こちらは当然ですが1ドル120円の時に、円貨に変えたほうがお得です。ただ為替レートというものは、刻刻と変わっていきます。そのため、円貨替えをしたタイミングによっては、損をしたり得をしたりするのです。そのため、返戻金の円貨替えを行う際は円安の時を狙うようにしましょう。

また終身保険は、稼ぎ主が万が一亡くなってしまった場合にも、子どもの教育資金の足しになります。
できればあって欲しくはないことですが、人生とは何が起こるか分からないもので備えに憂いなしです。
子どもがまだ幼く働きにも出ることができない年齢の時に、親が他界してしまう可能性も十分にありますがそういった場合に保険金が下ります。
その保険金は、もちろん生活費にすることもできますし、教育資金に充てることもできます。それぞれの家庭の事情は異なりますが、契約内容によっては数千万円ほどもらえることがあるので、子どもが成人するまでなんとか面倒を見ることが出来そうですね。
親が万が一の事で亡くなってしまった後も、子どもがお金がないために夢や進学を諦めたりするリスクも軽減できる手段として、終身保険を利用するということは非常に有効です。

もちろんその考えにとらわれて、無理に保険料を毎月支払い続ける必要はありません。
現在の家庭の収入と支出を勘案した上で、保険に加入してもある程度の余裕がありそうであれば、終身保険に加入してみても良いのかもしれません。受取金額に応じて支払保険料も異なってくるので、一度いろいろな終身保険について調べてみて、プラスになりそうであれば加入してみても良いのではないでしょうか。

児童手当を積み立て


最後に給付してもらった児童手当は、使わずにとっておくという方法があります。
以下が支給年齢と支給金額になります。

■0歳~3歳未満 月額15,000円
■3歳~小学校修了前 月額10,000円(第1子・第2子)月額15,000円(第3子以降)
■中学生 月額10,000円
■所得制限世帯(約960万円以上) 所得制限の詳しくは別 月額5000円

つまり、子どもが中学3年生になるまでで180万円程度もらえることが分かります。1カ月あたりの給付金は1万円程度ですが、15年間ずっと貯め続けていくと大金になりますよね。
これらを習い事や塾の足しにするのも良いかもしれませんが、「絶対に手をつけない!」と決めておくとより教育資金が貯まりやすいことでしょう。

お金はある程度、強制的に手の届かない場所に置いておくことも必要です。
例えば、児童手当でもらった金額は投資に回したり、一部は定期預金として積み立てたりするのも良いでしょう。

もちろん、児童手当を貯められるほど余裕のないケースもあるでしょう。その場合は、月々数千円でもなんとかやりくりして貯めていくようにしましょう。1カ月当たりでみると、なんてことのない支出であっても1年、そして数年と経っていくと何十万円という金額に積みあがっていくのです。

教育資金は子どもの将来を支えていく上で大切なもの


今回は教育資金をいくらくらい貯めればよいのか、そしてどうやって貯めればよいのかについてご紹介しました。
家庭の数だけ、収入や支出のバリエーションはあるものです。そのため、一概にこの教育資金の貯め方が良いとは断言できませんが、おすすめなのは、児童手当を定期預金で積み立てる方法とジュニアNISAを併用することです。

定期預金は、利率はかなり低いもののほぼ損失が出る確率は0に近いので安心です。
これに対してNISAは定期預金よりも損失の出るリスクは高くなりますが、リターンもその分大きいのが特徴です。
できれば、リスクの低いやり方で教育資金を貯めたいというのが人間だと思いますが、そのやり方ですとどうしても必要な教育資金を準備することができません。
そのため定期預金とNISAの2つを使うことをおすすめしているのです。

これまで、教育資金の貯め方を中心にご紹介しましたが、一番大切なのはゴールを決めることです。
「10歳までに500万円」などある程度マイルストーンを置いて、目標金額を決めておくようにしましょう。

そうすれば、教育資金が足りなさそうな時は他の貯め方に変えたり、行動もとりやすくなってきます。
教育資金は、子どもの将来を支えていく上で大切なものです。
「お金がないからどうしても進学ができない」や「お金がないからすぐに働きに出なければ生活できない」という金銭的な理由で、子どもがせっかく持った夢や目標を諦めてしまわないように、できるだけ親としてサポートをしていきたいものですよね。

コツコツと貯金していくのも良いですが、NISAや保険などを使うとより効率的に教育資金を貯めることが出来ます。
意外と教育資金を貯める方法には、バリエーションがあるので、少し手間はかかりますが調べておくと良いでしょう。
お子さんたちの将来のためにも、少しでも教育資金を上手く貯められることをお祈りしています。

関連記事一覧