とっておきの【レインシューズ】で雨の日のお出掛けが楽しくなる!

雨の日はシューズに気を使わなければならず、おしゃれするのもお出掛けするのも億劫になりがちですよね。仕方なく普段のシューズでおしゃれしても、濡れてしまって残念な気持ちになってしまったり、雨用のシューズだとなんだかパッとしなかったり・・・今回はそんな雨の日のお出掛けが楽しくなるようなレインシューズのブランドやコーディネートをご紹介します。

レインシューズおすすめブランド

上質なゴム素材で履きやすい”AIGLE(エーグル)”

出典:instagram
レインシューズブランド、まずおすすめしたいのがAIGLEのブーツです。
パリから列車で2時間ほど、フランスのほぼ中央にあたるロワール地方。今から160年ほど前、実業家ヒラム・ ハッチンソンがこの地方のモンタルジにラバー工場を設立したことで始まったAIGLE。地元の優れた職人たちを集めて工場で生産されたのは、ファーマーや田舎で暮らす人々の日常生活に役立つ、防水性と耐久性に優れた天然ゴム素材のブーツでした。上質の天然ゴムだけが持つ、柔らかく返りの良い履心地や機能性は、長時間履き続けても疲れないブーツとして信頼を集め、絶大な支持を得ていきました。また現代ではファッション性も兼ね備え、スタイルの美しさも大切にしているAIGLEは1世紀半に及び長らく世界中で愛され続けています。

AIGLEの定番”ミスジュリエットA”

出典:AIGLE
2009年に誕生したブランド初となるヒールブーツ。ラバーブーツ作りの歴史で培われてきた実用性はそのままに、よりエレガントな佇まいでスタイルアップも実現する、AIGLEの新しいアイコンモデルです。その洗練されたシルエットで、あらゆる年代の女性から世界中で愛される人気作となりました。履き入れ口のプルタブに配されたレザーウィングもポイントです。カラーは他にも豊富に展開していますのでぜひチェックして見てください。

スタイリッシュな”ミスマローン”

出典:AIGLE
履き入れ口のポイントカラーやフロントのレースアップディティールがスタイリッシュな”ミスマローン”もAIGLEの定番レインブーツです。軽量性に優れ、かつ柔軟。AIGLEラバーブーツに使用される天然ゴムの特徴をフルに活かした、折り畳んで収納できるパッカブル仕様担っています。その優れた収納性は、旅行やキャンプ、泊りがけの野外フェスなど、さまざまなシチュエーションで重宝すること間違いなし。専用の収納ポーチ付きで、どこへでも連れて行きたくなる逸品です。もちろんタウンユースにもおしゃれで最適。雨の日でも苦痛にならない、AIGLEならではの履き心地の良さをぜひ体感してください。

歴史ある信頼レインブーツブランド”HUNTER(ハンター)”

出典:instagram
HUNTERは1856年にアメリカ人実業家ヘンリー・リー・ノリスが創設したレインブーツブランドです。ゴム製ブーツメーカーとしてスコットランドでノースブリティッシュ・ラバーカンパニーとして発足。機能性とファッショナブルなデザインでその人気を誇り、ケイト・モスやニコール・リッチーなどセレブにも愛用者が多く人気のレインブーツブランドのひとつです。ブーツ本体丸ごとを液体天然ゴムで形成しているため、ゴムの継ぎ目がなく防水性が高く、また脚の形にフィットしたデザインも特徴。1956年に発表された「「オリジナル・グリーン・ウェリントン・ブーツ」は、脚の健康まで考慮した靴型に基づいて製造されていて、快適な履き心地とフィット感を実現しました。

設立当初はそれほど需要が高くありませんでしたが、第一次世界大戦をきっかけにゴム製ブーツの需要が増え、イギリス軍から頑丈なブーツの開発を依頼されました。また第二次世界大戦が始まると、防水性の高いゴム製ウェリントンブーツが多く発注され、終戦後までにレインブーツとして一般の間でも広まっていきました。現在ではファッション性の高いブーツも数多く手がけていて、おしゃれなレインブーツとしてもその人気を集めています。大雨や雪が激しい日であってもしっかりと足下を保護しながら、ファッション性を損なわないスタイルが大きな特徴です。日本でも多くの百貨店やセレクトショップで取り扱われています。

HUNTERの定番・オリジナルトールブーツ

出典:HUNTER
HUNTERのロゴや、バックル使いが洗練された印象のオリジナルトールブーツです。天然ゴムにより形成された28ものパーツを職人の手作業により丁寧に作り上げられたレインブーツは、某国王室の御用達という折り紙つき。オールラバーですので防水性はもちろん、耐久性にも優れています。大雨や雪の日でもスタイリッシュに過ごすことができます。アウトドアやタウンユースに一足あると心強いレインブーツです。美脚効果もあるとスタイリストなどファッション関係者からの信頼も厚いアイテム。

実用性とファッション性を兼ね備えた”日本野鳥の会”のレインブーツ

出典:日本野鳥の会
”バードウォッチング長靴”として日本野鳥の会から販売されているレインブーツもおすすめシューズのひとつです。履き口を閉めることができるので大雪の日なども安心。レインブーツは収納にかさばるのがデメリットですが、こちらのバードウォッチング長靴は、クルクルたたんでコンパクトに収納袋に収まり、軽量なのも嬉しいポイントです。また実用性はもちろん、スタイリッシュなビジュアルなのでタウンユースももちろんOK。2016年にはグッドデザイン賞を受賞した大人気のレインブーツです。価格も5000円程度とお財布に優しいので色違いで揃えておくのもおすすめ。オンラインショップや全国のバラエティショップなどで購入することができます。梅雨前は人気で品切れしてしまうこともあるのでオフシーズンにチェックするのが良いかもしれません。

老舗バレエシューズブランド”repetto(レペット)のレインシューズ”

出典:instagram
老舗のバレエシューズブランドとして名高いrepettoからも雨の日用のレインシューズが展開されているのをご存知でしょうか。アッパーもインソールもラバー素材でできているので雨に濡れても安心。repettoは1947年、名の知られたバレエダンサーで振付家のローラン・プティの母親ローズ・レペットがパリの一角に部屋を借り、バレエやダンス用シューズのワークショップをオープンしたのが始まりでした。1956年には、映画「素直な悪女」で用いる靴をブリジット・バルドーがリクエストし、カーマインレッドが美しいフラットバレリーナシューズが誕生。この靴が瞬く間に大ヒットとなり、70年代に入るとファッションアイテムとして使える靴も展開するようになりました。

2000年代には日本でもバレエシューズがセレクトショップなどでこぞって販売されるようになり、現在ではシューズのバリエーションも増えてこちらのようなレインシューズも発売するようになりました。ラバー素材でありながら洗練されたrepettoらしいデザインのシューズは、雨の日でなくとも履けるスタイリッシュな一足です。出先で雨が降ってきそうな日の予防策として履いてお出掛けしても良いですね。シーズンによってカラー展開が変わるので、お気に入りの一足に出会えたら要チェックです。repettoのレインシューズはrepetto新宿高島屋店や西武渋谷店、公式オンラインショップなどで探すことができます。

トラディショナルウェザーウェアのサイドゴアレインブーツ

出典:ZOZOTOWN
トラディショナルウェザーウェアは、ゴム引きコートやトレンチコートなどで有名なMACKINTOSH社のプロデュースのもと誕生したブランドです。アウターウェアを中心にシャツ、ジャケットなどを展開していますが雑貨も豊富。カサやレインブーツなどにも力を入れているブランドです。英国的・伝統的なデザイン要素はそのままに、時代性のある毎日使えるベーシックなアイテムを展開しています。そんなトラディショナルウェザーウェアの雨の日用ブーツもおすすめアイテムのひとつ。サイドゴア(ゴム部分)のディティールがポイントになっていておしゃれです。大人の女性に指名買いしてほしいスタイリッシュな仕様が魅力的。長さも程よいブーディータイプなので重たくなり過ぎないのも嬉しいポイントです。履き入れ口の「T.W.W.」ロゴタブも可愛いですね。トラディショナルウェザーウェアのレインブーツはビームスなどのセレクトショップほか、オンラインショップなどで見ることができます。

レインシューズを使ったコーディネート

美脚見えが叶うブラックのレインブーツ

出典:WEAR
HUNTERのブラックレインブーツを使ったコーディネート。ラバーブーツは重たくなりがちですが、ショートパンツに素足で合わせスッキリとした印象に。膝下がまっすぐ見えるので美脚&脚長効果もあります。シンプルな装いにレインブーツ、ウエストポーチを合わせてアウトドア要素を取り入れたスタイリングです。雨の日だけでなく晴れの日でもOKな都会的な雰囲気に昇華させたコーディネート。

シャツワンピースとシンプルに合わせて洗練された空気感を

出典:WEAR
クリーンな印象のシャツワンピースに、HUNTERのレインブーツをシンプルに合わせたコーディネートです。こちらも素足を見せてレインブーツをスッキリ美脚見せ。洗練された空気感を纏ったスタイリングに仕上がっています。HUNTERはやはり膝下がキレイに見えますね。クラッチバッグもおしゃれなブラッシュアップアイテムとして◎。

スキニーデニムをインしてデイリーに

出典:WEAR
こちらもHUNTERのレインブーツを使用したコーディネート。デニムをインするとレザーブーツ感覚で履くことができます。いかにも「雨の日用」といった印象にならず、ファッションの一部としてレインブーツを取り入れたお手本コーディネートです。ロングカーディガンと相まって全体に縦長な「Iライン」を作り出しスタイルアップして見えるスタイリング。HUNTERのロゴもアイキャッチになりますね。

キレイめカジュアルにもOKなレインブーツ

出典:WEAR
キレイめなニットワンピースにもレインブーツが合います。こちらはAIGLEのレインブーツを着用。アウトドアな要素を取り入れることでアグレッシブで好印象なコーディネートに仕上がっていますね。足元とバッグをブラックで統一したのも、レインブーツがコーディネートにきちんと馴染んでいるポイントです。

レインブーツをハンサムに昇華

出典:WEAR
こちらのコーディネートもAIGLEのレインブーツを着用しています。テーラードチェスターコートとブラックスキニーパンツに合わせてハンサムでシックにスタイリング。レザーブーツさながらのかっこいい印象になっています。膝丈のレインブーツをひとつ持って入れば雨の日のおしゃれも楽チンに。

ワイドパンツから覗かせて

出典:WEAR
ワイドパンツから覗かせたのは、トラディショナルウェザーウェアのサイドゴアレインブーツ。パンツをインするだけでなく、普通のシューズのような感覚でレインブーツを合わせるのもおしゃれ。ラバーの素材がコーディネートのポイントになっています。大人のこなれた雰囲気を醸し出していて、真似したいバランスのスタイリングですね。

ワーク風なコーディネートも◎

出典:WEAR
デニムのシャンブレーシャツにベージュのスカートを合わせたワーク風スタイルにもレインブーツが好相性。ミモレ丈のスカートにブーティータイプのレインブーツを合わせて、肌の見え具合も大人の女性に丁度良いバランス。軽やかで雨の日でも気分が良くなるようなワーク風カジュアルコーディネートです。

お気に入りのレインシューズを見つけて


出典:instagram
今回は雨の日が楽しく、待ち遠しくなるようなレインシューズのブランドや、レインシューズを使ったコーディネートをご紹介しました。ひと昔前はレインシューズというと野暮ったいイメージもありましたが、今では仕様の良いものが増えてファッションアイテムとしてレインシューズが確立されています。ぜひお気に入りの一足を見つけて、雨の日もおしゃれを楽しんでくださいね。

関連記事一覧