これだけはやっておきたい!妊娠中や産後の正しいバストケア方法とは?

産後のママさんが抱える悩みはたくさんありますが、そのなかでもバストの変化に悩んでいるという方はとても多いようです。
気づいたら胸が垂れていた・・・なんてことになってしまわないよう、妊娠中や産後のバストケアはしっかりとおこなっておきましょう。
ここでは美しいバストを保つために、妊娠中や産後におこなえるバストケア方法を紹介します。

妊娠中・産後のバストケアの必要性について

なぜ産後に胸が垂れてしまうのか

妊娠した女性の胸は、女性ホルモンの働きによって乳腺がどんどん発達します。
この乳腺が発達することで、通常の状態に比べて豊かでハリのある美しい胸を手に入れることができるのです。
ですがその美しい胸は一時的なもので、授乳期を終えると胸はしぼんでしまいます。
ここで「元に戻るだけならいいか」と油断してはいけません。
なぜなら胸がしぼんだあと、垂れてしまう可能性が高いからです。
ではなぜ胸が垂れてしまうのか、その原因はクーパー靭帯にあります。
クーパー靭帯とは繊維状のコラーゲンで、脂肪や乳腺を支えるなどして乳房の下垂を防いでくれているものです。
胸が垂れるという現象は、このクーパー靭帯が切れてしまうことで起きています。
妊娠前と授乳中の変化は平均で2~3カップと言われるくらいですから、その大きな変化にクーパー靭帯が耐えられず切れてしまうことは簡単に想像することができるでしょう。

一度伸びたり、切れてしまったクーパー靭帯が元に戻ることはありません。
なのでクーパー靭帯が切れてしまわないよう、妊娠中・産後のバストケアをしっかりと行うことが重要になってきます。

妊娠中のバストケア方法

妊娠中にできるバストケアは?

産後のバストケアはもちろん重要ですが、それ以上に妊娠中のバストケアが大切になってきます。
特に産後は育児や家事などで忙しく、しっかりとバストケアをする時間はあまり取れないことが多いです。
まだ産後に比べて時間に余裕がある妊娠中だからこそ、できることはやっておきたいですね。
また産まれてくる赤ちゃんにたくさん母乳をあげるためのバストケアも覚えておきましょう。
こちらでは妊娠中にできるバストケアを紹介します。
保湿

肌に必要なのはやはり保湿です。
顔の肌と同じく、バストの肌も乾燥することでたるみに繋がってしまいます。
特に産後の胸の変化はバストの皮膚に大きな負担を与えますので、妊娠中はしっかりと保湿をしておきたいです。
バストの保湿に使用するものは、化粧水・保湿クリーム・オイルなどがよいでしょう。
特にヒアルロン酸やコラーゲンを含んだものはおすすめです。
ですが妊娠中の肌はとてもデリケートなので、手の甲などで肌に異常が出ないか試してから使用するようにしましょう。

産後の胸の変化に備えて、バストの肌のコンディションを整えておきましょう。
バスト専用のスキンケアアイテムなどもあるので、そちらを使用してもよいかもしれません。

下着の見直し

妊娠から2ヶ月ほど経つと、乳腺の発達により胸がどんどん大きくなってくるのを感じるでしょう。
妊娠中は頻繁にバストサイズが変わることもあります。
ブラジャーはバストが下垂しないよう、クーパー靭帯を守ってくれます。
自分に合っていないサイズのブラジャーを着けているのは、バストによくないです。
となるとやはり、ブラジャーのサイズを見なおすことが大切になってきます。
ブラジャー選びですが、妊娠中のバストはとてもデリケートになっているので刺激を感じないブラジャーを選ぶとよいです。
マタニティ専用のブラジャーには素材にこだわったブラジャーも多く存在しています。
コットン100%のブラジャーなどがそうですね。
マタニティ専用のタンクトップブラは重みのあるバストをしっかりと支えてくれないことがあるので、選ぶ際は注意しましょう。

今まで着けていたブラジャーが合わない・きついと感じたらサイズを見なおすようにしましょう。
また寝るときはブラジャーを着けないという人は、ナイトブラをすることをおすすめします。

バストマッサージ

妊娠中のバストマッサージは、母乳育児をスムーズに行うためのマッサージです。
決してバストの形をキープしたりするためのマッサージではありません。
妊娠中に行うバストマッサージのことをおっぱいマッサージと言い、乳房マッサージと乳頭・乳輪マッサージの2種類があります。
乳房マッサージは血流をよくし、母乳の分泌を促すことを目的とするマッサージです。
乳頭・乳輪マッサージは乳首をやわらかくすることで、赤ちゃんが母乳を吸いやすいようにするという目的のマッサージです。
また裂傷を防いだり、初乳が早いというメリットもあります。
これらのマッサージを学びたいという場合は、独学ではなく地域の母乳教室に通うようにしましょう。
もちろん妊娠中でも参加することができます。
また有料にはなりますが、自宅訪問の母乳マッサージもおすすめです。

おっぱいマッサージは妊娠中期までは控え、医師の許可が下りてから始めましょう。
またマッサージ中にお腹が張ったりするようでしたら、すぐにマッサージを中断しましょう。

マタニティビクス

妊娠中におこなえるエクササイズがあるのをご存知でしょうか?
マタニティビクスと言えば、ピンとくる人もいるのではないでしょうか。
このマタニティビクスにもおっぱいマッサージと一緒で、母乳育児をスムーズに行うためのエクササイズが存在します。
上半身の血液循環をよくすることで、母乳の出やすい体の環境づくりをするのが目的です。
腕や肩、胸や背中や首に働きかけるエクササイズは、母乳に影響するでしょう。

マタニティビクスは母乳だけでなく、妊娠中の健康管理や安産にもよいとされています。
気になる方はマタニティビクスの教室に通ってみたり、ビデオを借りてみるのもよいでしょう。

絶対にしてはいけないバストケアについて

ここまでは妊娠中におすすめのバストケアについて紹介しました。
ここでは妊娠中にしてはいけないバストケアを紹介します。
どれも妊娠中に行うには危険なバストケアなので、要チェックです。

バストアップサプリ

妊娠中にバストアップサプリを服用してはいけません。
これは女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンに関係があります。
妊娠中の女性ホルモンは妊娠を維持・出産に備えるための働きをします。
この働きにはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが欠かせません。
ほとんどのバストアップサプリに含まれるプエラリアはエストロゲンに働きかけるため、妊娠中には強すぎる成分なのです。
最悪の場合流産してしまう可能性もあるので、絶対に使用しないようにしてください。

妊娠中でバストアップサプリを服用しているという方は、すぐに使用を止めましょう。

バストアップマッサージ

妊娠中のバストアップマッサージは危険を伴います。
特に妊娠初期にバストマッサージをしてはいけません。
妊娠初期はお腹の赤ちゃんに最も影響しやすい時期です。
胸に強い刺激を与えることは、お腹の赤ちゃんにもよくないことと言えます。
また乳腺がとてもデリケートな時期でもあるので乳腺が傷ついてしまい、母乳に影響を及ぼしてしまうかもしれません。

おっぱいマッサージはよいですが、バストアップのためのマッサージは避けましょう。
妊娠中のバストアップはバストアップブラの着用などがおすすめです。

 産後のバストケア方法

産後のバストケアはどうすればいいの? 

妊娠中のバストケアをしっかりおこなっていても、バストが垂れやすい産後は油断できません。
産後も継続してバストケアをおこなっていきましょう。
こちらでは妊娠中ではなく、産後にできるバストケアを紹介します。
エクササイズ

バストメイクといえば大胸筋を鍛えること、大胸筋を鍛えるにはエクササイズを行うのがよいです。
妊娠中にもマタニティビクスというエクササイズ方法がありますが、マタニティビクスは妊娠中の体でも無理なくできる範囲のエクササイズです。
産後は体力さえあれば、通常のエクササイズをおこなっても問題ありません。
ですが産後はママの体力の消費が激しいので、無理はしないようにしましょう。
空いた時間に5分や10分ほどダンベル、またはペットボトルを使用して行うものでも十分です。
妊娠中についた脂肪は産後燃焼しやすいので、きれいになりたいと願うのであればこの時期にエクササイズをやっておいて損はないでしょう。

産後のエクササイズは産後から半年間行うのが一番燃焼によいとされています。
エクササイズをする際に自分に合っていないブラジャーを着用していると、胸が垂れてしまう原因となりますのでブラジャーはしっかりと見直しておきましょう。

バストアップクリーム

産後すぐは赤ちゃんに付きっ切りで、エステなどにいくことはなかなかできません。
そんななか自宅でバストケアが簡単にできるアイテムといったら、バストアップクリームです。
バストアップクリームは、バストアップだけでなく保湿やハリ、血行の促しなども期待できます。
授乳中だけど問題ないのかと心配になる方もいるでしょうが、最近では授乳中でも使用できるバストアップクリームが多く販売されているのです。
バストがしぼみ始めることで垂れやすくなってしまうこの時期だからこそ、バストにたくさんの栄養を補ってあげましょう。
時間に余裕があるときはマッサージも併用して行うとよいです。

バストアップクリームを選ぶときは成分に注目してみましょう。
コラーゲンやイソフラボン、プエラリアやプラセンタなどの成分が含まれているか購入前に確認してみてください。
授乳中であればノンアルコール、ノンパラベンのものを選ぶとよいです。

エステでの施術

産後落ち着いてきたら、エステに通うママさんもたくさんいます。
なかでもやはりバストアップエステは人気のようです。
それほど多くのママさんが、産後のバストを気にしているということでしょう。
エステでのバストアップケアは、自分で行うバストアップケアに比べてハリやツヤをすぐに実感できることが多いです。
またマッサージからおこなってもらえるので、育児での体の疲れを癒すこともできます。
休日に旦那さんに赤ちゃんを見てもらって、自分へのご褒美としてたまにはエステに通うというのもよいかもしれませんね。

エステでおこなわれるバストアップケアは、マッサージによる施術とマシンを使用した施術があります。
マシンはエステでしか受けることができないので、マッサージでバストアップした実感がなかったという方はマシンに挑戦してみるのもよいでしょう。

食生活にもバストケアを取り入れる

栄養成分を体に取り入れることは、きれいな肌作りの基本です。
食生活にもバストケアを取り入れてみましょう。
特に産後は赤ちゃん中心の生活になるので、忙しすぎて食生活が適当になりがちというママは少なくありません。
野菜や果物はもちろん、納豆や豆腐といった大豆製品、ひじきやわかめなどの海藻類などをバランスよく取り入れましょう。
また美容によいことで有名な蜂蜜を、砂糖の変わりに使用するというのもよいです。

食生活を見なおすということはバストケアだけでなく、母乳のためにもなります。
バストケアや母乳のためになるほかに、美容やダイエットなどにも期待できるでしょう。

まとめ

無理せず、できる範囲でのバストケアをしよう

妊娠中や産後は赤ちゃんのことで頭がいっぱいになってしまうので、自分に使う時間を忘れてしまうかもしれません。
環境が落ち着いてきて自分を見返したとき、バストを見てガッカリしてしまわないようにバストケアはしっかりおこなっておきたいですね。
バストケアは継続することが大切なので、無理せず継続してできそうなバストケアを見つけてください。
ストレスは美容にもよくないので、無理をせず楽しくバストケアできることが一番です。
旦那さんからいつまでも女性として扱ってもらうためにも、産後のバストの衰えを回避し、より美しいバストを目指しましょう。

関連記事一覧