春のスキンケア|花粉症時期の肌荒れ対策&おすすめ基礎化粧品

春になると急におとずれる肌荒れ。
カサカサとごわつく「乾燥肌」の症状と同時にかゆみを感じているなら、花粉症が原因かもしれません。

きれいな肌を保つためにも、花粉症時期におこる肌荒れの原因を理解し、正しいスキンケアをおこないましょう。

春の花粉症時期に肌荒れする原因は?

春の肌荒れ原因は、花粉症による「季節性アレルゲン」

花粉症の時期に発症する肌荒れとして、「花粉症皮膚炎」と呼ばれる症状があげられます。スギ花粉が飛び交う2月から4月に多く発症し、肌のかゆみや乾燥、赤みなどの症状を引き起こすのが特徴的です。

では何故、花粉症時期に肌荒れを発症するのでしょうか。
それは花粉に潜む「季節性アレルゲン」が原因になっていると考えられます。花粉が付着することにより肌のバリア機能が著しく低下し、肌の状態が不安定になるのです。

水分や油分のバランスが乱れた肌は、花粉によるアレルゲンや外部刺激を受けやすくなり、さらに肌荒れが悪化するという事態に。

花粉症皮膚炎になった肌は「敏感肌」の状態とよく似ているため、普段のスキンケアでは改善が見込めません。
肌に優しく刺激の少ない化粧品をつかうなど、スキンケアの見直しをしっかりとおこないましょう。

ストレスや寝不足にも注意

花粉症時期の肌荒れには、生活習慣も大きく関係しています。特に寝不足やストレスには注意が必要です。

寝不足により睡眠の質が低下すると、肌の修復と再生をおこなう「成長ホルモン」の分泌量が減少します。
正常にターンオーバーができなくなった肌は、花粉症による乾燥に拍車をかけ、肌荒れのきっかけをつくってしまうのです。

また寝不足と同じくらい危険なものとして「ストレス」があげられます。
ストレスにより自律神経系が乱れ、男性ホルモンの分泌量が増加。それに伴って肌のバリア機能が低下してしまいます。

花粉症皮膚炎になった肌は、ただでさえ免疫力がさがっている状態です。
スキンケアを変えてもなかなか症状が改善しないという場合には、自身の生活習慣を見直してみましょう。

花粉症時期の乾燥肌を改善するスキンケア方法

保湿重視のスキンケアで花粉をガード

花粉症時期の乾燥肌は、しっかりと保湿してあげることが重要です。
乾燥状態を放置していると肌のバリア機能はさらに低下し、外部刺激に弱い肌になってしまいます。

しっかりと保湿をすることで、肌に花粉が付着するのを未然に防ぎましょう。
かゆみも軽減され、知らないうちに掻きむしっていたという状態を改善することができます。

しかし、刺激の強い化粧水や乳液は控えるようにしてください。
花粉症で荒れた肌は「敏感肌」になっています。低刺激で肌にやさしい商品がおすすめです。

洗顔はたっぷりの泡でやさしく

花粉症による肌荒れ対策として、洗顔は欠かせない工程です。
ただし、花粉が付着したままの乾燥した肌に泡をつけると、肌の負担になることがあります。
洗顔の前に手を洗うこと、ぬるま湯で顔についた花粉を落とすことを忘れずにおこなってください。

また花粉で敏感になった肌は、刺激に弱い状態になっています。
泡立てネットでフワフワの泡をつくり、やさしく洗ってあげましょう。
直接ゆびで肌を触らないように気を付けて、泡を手のひらで動かすように洗うのがポイントです。

最後のすすぎは、水かぬるま湯で1分を目安におこないます。丁寧にすすぎ終わったら、タオルで顔を押さえるように優しく水分をふき取ってください。
最後の最後まで、肌に強い刺激を与えないように心掛けましょう。

低刺激クレンジングで花粉による敏感肌を守る

花粉により敏感になった肌を守るためには、クレンジングにも手は抜けません。
クレンジングには洗浄能力を求めがちですが、花粉症で荒れた肌には「低刺激で保湿してくれるもの」を選ぶ必要があります。

多く普及している「オイルタイプ」のクレンジングは、製品によっては乾燥をまねく場合があります。
敏感肌に乾燥は禁物ですから、肌に優しいクリームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプを選ぶようにしましょう。
クレンジングをおこなう前に、肌に付着した花粉や汚れを洗い流すことも重要です。

スキンケアの中でも手を抜きやすいクレンジングですが、敏感肌を守るための大切な工程といえます。ぜひ上記を参考に、お手入れ方法を見直してみてください。

花粉症時期の肌荒れに効果的なおすすめ「化粧水」

1. オリーブマノン グリーンローション(日本オリーブ)

「オリーブマノン グリーンローション」は、オリーブ果汁とオリーブオイルが配合された化粧水です。
肌の水分バランスを整える効果があり、花粉により乾燥した肌にうってつけの商品といえます。
また肌を引き締める効果も期待できるため、毛穴に悩んでいる人にもおすすめです。

乾燥でゴワつく肌を改善したい方は、ぜひ使用してみてください。
しっとりモチモチの肌触りを実感できるはずですよ。
ただし、油分を多く含んでいる商品のため、ニキビや吹き出物に悩んでいる方はつけ方に注意しましょう。

販売サイトを見てみる

2. うるおいシルクローション(プリュ)

プリュの「うるおいシルクローション」は、大きさの異なる美容成分粒子が配合されている化粧水です。
小さな粒子と大きな粒子を含んでいることで、肌の内側と外側から水分をしっかりとキープしてくれます。

花粉症による肌の乾燥は、内側まで乾燥を引き起こす「インナードライ」になっていることもしばしば。
化粧水をたっぷりつかっても、なかなか乾燥が収まらないという方におすすめしたい商品です。
軽いパッティングでも、肌へ浸透しているのがしっかりと実感できますよ。

販売サイトを見てみる

3. キュレル化粧水III とてもしっとり(花王)

「キュレル化粧水III(とてもしっとり)」は、肌への優しさにこだわった化粧水です。
乾燥性敏感肌のパッチテストもクリアしているため、花粉症時期の肌荒れにもぴったりの商品といえます。

さらに、抗炎症作用・保湿作用の効果が期待できる「ユーカリエキス」が配合されているのも嬉しいポイント。荒れた肌を保湿しながら、しっかりとケアしてくれます。

無香料・無着色・アルコールフリー・弱酸性で、外部刺激に敏感になった肌へも安心して使うことができますよ。
どの化粧水を使うか悩んでいる方は、ぜひこちらの商品を使用してみてください。
優しい使い心地でリピートしたくなる化粧水です。

販売サイトを見てみる

4. dプログラム モイストケアローションW(資生堂)

出典:dプログラム
資生堂からでている「dプログラム モイストケアローションW」は、肌バリア機能を高めるための化粧水です。
花粉により敏感になった肌を保護し、肌バリア機能が低下した皮膚をしっかりと守ってくれます。

花粉が原因の肌荒れに加え、生活習慣やストレスなどでさらに敏感になった肌におすすめの商品です。
肌への刺激成分を含んでいないため、ヒリヒリしないのもうれしい特徴。
乾燥しすぎて化粧水がしみるという場合は、こちらの化粧水をおすすめします。

販売サイトを見てみる

5. アベンヌウォーター(アベンヌ)

「アベンヌウォーター」は、天然の温泉水でつくられた化粧水です。
18世紀フランスで見つかったこの温泉水は、肌にとってバランスの良いミネラル分が含まれています。
敏感肌に効果的で、花粉により肌バリアが低下した乾燥肌にも安心して使うことができますよ。

またこちらの商品は「スプレータイプ」であるため、入浴後や洗顔後にサッと吹き付けるだけの手間いらず。
薬局でもお手軽に購入することができますので、スキンケアにあまり手間をかけたくないという方はぜひチェックしてみてください。

販売サイトを見てみる

花粉症時期の肌荒れに効果的なおすすめ「乳液」

1. キュレル 乳液(花王)

キュレルの乳液は、肌に潤いを与えならがらも、使用後のさっぱりとした手触りがうれしい商品です。
乳液に配合された2種類のセラミドが、花粉で敏感になった肌をしっかりと保護してくれます。
べっとり感のない使用感が心地良く、ストレスのないスキンケアを実感することができるでしょう。

また肌荒れを防ぐための「消炎剤」が入っているため、乾燥肌・敏感肌だけでなく、吹き出物に悩んでいる方にもおすすめです。
肌の内側から潤う感覚を、ぜひ味わってみてください。

販売サイトを見てみる

2. オルナ オーガニック 乳液 (ALLNA ORGANIC)

オルナのオーガニック乳液は、徹底的に無添加にこだわった乳液です。
企画、製造、販売すべてを日本国内でおこなっており、安全面・品質面にも丁寧な気遣いが感じられます。

またセラミドを含む12種の保湿成分で、花粉時期の乾燥肌対策もバッチリ。
使用後はべたつき感がなく、季節を問わず使用できるところもうれしいポイントです。

無香料でありながら、植物由来エキスによる優しい香りをお楽しみいただけます。

販売サイトを見てみる

3. ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク(第一三共ヘルスケア)

出典:MINON
「ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク」は、比較的安価ながら、高いパフォーマンス力を持つ乳液です。
セラミド類似成分と9種類のアミノ酸で、花粉により荒れた肌を保護し、しっかりと潤いを与えてくれます。

伸びの良いしっとりしたテクスチャーで、少量でも顔全体に馴染ませることができるのも魅力の1つ。
クリーム系ではありますが、使用後のベタつき感が少なく、夜のスキンケアにも安心して使用することができますよ。

販売サイトを見てみる

4. コラージュ 薬用保湿乳液(持田ヘルスケア)

コラージュの薬用保湿乳液は、2種類のセラミドを配合し、低刺激と保湿にこだわってつくられた乳液です。
潤い成分には、植物性保湿成分トリメチルグリシン、コラーゲン、セラミド2、アミノセラミドが含まれています。
また乳液自体はなめらかな感触で、肌なじみの良さを実感できるでしょう。

同様のコラージュシリーズでは、化粧水・クリーム・クレンジングも用意されています。
どの商品も花粉で荒れた肌の乾燥を防いで、もちもちとしたハリのある肌へ導いてくれるすぐれもの。乾燥肌で悩んでいる方は、ライン使いもおすすめです。

販売サイトを見てみる

5. 乳液・敏感肌用・しっとりタイプ(無印良品)

無印良品の「乳液・敏感肌用・しっとりタイプ」は、プチプラでたっぷりと使えるのが魅力的な「高コスパ」の乳液です。
無香料・無着色はもちろんのこと、アルコールフリー、パラベンフリー、アレルギーテスト済みなど、敏感肌に優しいこだわりが詰まっています。

こっくりとした手触りで使用後は多少のベタつきがあるものの、数分後にはしっとりとした肌に。
花粉でゴワついた肌をしっかりと潤し、保湿してくれている感覚を実感できます。

夜のスキンケアでは惜しまずたっぷりと使用して、乾燥知らずの肌をめざしましょう。

販売サイトを見てみる

花粉症時期の肌荒れに効果的なおすすめ「クレンジング」

1. ママバター クレンジングミルク(MAMA BUTTER)

ママバターのクレンジングミルクは、優しいラベンダーの香りが魅力的な「オーガニック」メイク落としです。
クレンジングと洗顔が1つになっているオールインワンタイプのため、スキンケアの時間を短縮することができます。

乳液にはオーガニック認定の原料が配合されているため、花粉で敏感になった肌にも安心です。
肌に刺激を与えないようにたっぷりと使用して、優しくなでるようにクレンジングしてあげてくださいね。

ラベンダーの香りで癒されたい方にもおすすめしたい商品です。

販売サイトを見てみる

2. 無添加メイク落としミルク(カウブランド)

カウブランドからでている「無添加メイク落としミルク」は、肌に優しい無添加のクレンジングミルクです。
無着色・無香料で防腐剤も入っていないため、どなたでも安心して使用することができますよ。

また花粉時期の肌荒れにはもちろんのこと、肌に極力刺激を与えたくないという方にもおすすめのメイク落としです。
さっぱりと洗い心地ではありますが、セラミドが配合されているため潤いを逃しません。
低刺激ながらも洗浄力のあるこちらの商品は、リピート使いしたくなること間違いなしです。

販売サイトを見てみる

3. コラージュ クレンジングミルク(コラージュ)

コラージュのクレンジングミルクは、花粉症時期の敏感肌・乾燥肌にうれしい低刺激のクレンジングです。
使い心地はさっぱりとしており、肌に付着した花粉や汚れをしっかりと落としてくれているのが実感できます。

洗った後のつっぱり感が少なく、肌の潤いをしっかりとキープしてくれることろも嬉しいポイントです。
パッチテスト済みなので、花粉時期の荒れてしまった肌にも安心して使用いただけます。

販売サイトをみてみる

4.オルビス クレンジングジェル(ORBIS)

オルビスから誕生した「オイルフリー」のクレンジングジェル。
ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスといった美容液成分が配合されており、花粉で荒れた肌を再生へ導いてくれます。

オイルフリーのジェルタイプであるため、脂性肌の人にもおすすめしたい商品です。
固めのジェルでありながら肌なじみが良く、クレンジング後はもっちりとした肌を実感できるでしょう。

肌の個性を大切にしている「オルビス」ならではの商品だといえます。

販売サイトを見てみる

5.ノブIII クレンジングクリーム(常盤薬品工業株式会社)

出典:ノブオンラインショップ

「ノブIII クレンジングクリーム」は、肌のバリア機能をサポートするために作られたメイク落とし。
肌への負担が少ないため、肌荒れを繰り返してしまう花粉症時期の肌に、ぜひ使用していただきたい商品です。

洗浄力は控えめにつくられており、敏感肌をやさしく守ってくれます。
またニキビや吹き出物がある肌でも刺激を感じにくく、しっとりとした洗い心地が魅力です。

メイクをしっかりと落としたい場合は、ポイントメイクを先に落とし、肌にクリームを馴染ませるように洗いましょう。

販売サイトを見てみる

春の正しいスキンケアで、花粉による肌荒れにさよなら

春は花粉症の時期。花粉は鼻や目の炎症だけでなく、肌荒れも引き起こします。

花粉により敏感になった肌は、普段のスキンケアでは修復が難しいこともしばしば。
しっかりと肌の状態に合ったスキンケアをすることが大切です。

今回ご紹介したスキンケアアイテムは「低刺激・保湿重視」のものばかり。
正しいスキンケアと肌に優しい基礎化粧品で、花粉による肌荒れにさよならしましょう。

関連記事一覧