お金と時間を【自己投資】して理想の自分を手に入れよう!

家賃や光熱費、食費など、生きていくためにはどうしてもお金が掛かります。それ以外にも、ちょっとした息抜きのために使ったり、ついつい贅沢しちゃったり、お金の使い方は人によってさまざま。そのお金の使い道、見直してみませんか?
今回は、自分をもっと高めるための自己投資について紹介します。自分の未来にお金を投資して、今よりももっと素敵な自分自身を実現しましょう。

「消費」「浪費」「投資」

お金の使い方の3つの分類

家計簿をつけていると、お金の流れを収入と支出だけで考えてしまいがちです。毎月の家計が赤字か黒字かをチェックしたり、いくら貯金するかを考えたり、入ってくるお金と出ていくお金の管理は大切なことです。
しかし、自分自身を成長させるためには、それだけではちょっと足りません。
お金の使い道は「消費」「浪費」「投資」の3つに分けることができます。それぞれにどれくらい使っているか、その割合が大切なのです。消費70%、浪費5%、投資25%が理想的なバランスだと言われています。

消費

日々の生活で必要なお金のこと。家賃や光熱費、食費など、生きていく上で欠かせないものですね。
生活必需品の購入費などもそうです。交通費やスマートフォンやネットなどの通信費も、生活からは切り離せませんよね。
その他、おむつやミルク代、保育料などの子どもに掛かる費用や、ペットに掛かる費用など、消費に含まれる項目は各家庭によってさまざまです。
生活に必要な物なので、支出の割合としては消費が1番多くなります。

浪費

浪費は、簡単に言うとムダ遣いのことです。生活に必要ではない贅沢品などですね。お酒やたばこなどの嗜好品もそうです。
消費の家賃や光熱費と違って、この項目が「浪費」という明確な分類はありません。購入した物そのものよりも、使い道や結果で考えるのがポイントです。例えば、食料品の購入は生活に必要な消費ですが、使い切れずにうっかりダメにしてしまったらそれはムダにお金を使った浪費ですよね。
浪費の理想的なバランスは5%。浪費は節約を意識したときに削りやすい部分です。
しかし、嗜好品などをゼロにしようと思うと、なんだか息苦しい生活になってしまいます。使い過ぎるのは良くありませんが、無理して楽しみを全て我慢するのも良くありません。そのちょうどいいラインが5%くらいだと思っておきましょう。

投資

投資は、将来のために使うお金のこと。将来的に自分自身に何かしらプラスになるお金の使い道です。
株式投資や投資信託など、お金自体がプラスになる投資がわかりやすいかもしれません。貯金も投資のひとつです。それらは、将来的にお金をプラスするための支出ですね。
それ以外にも、自分自身にとってプラスになることも投資です。スキルアップのための習い事や資格取得などがそうですね。いわゆる自己投資です。将来の自分のためにお金を使って、自分自身をレベルアップさせていきましょう。

目的意識を持った自己投資

なりたい自分をイメージしよう

習い事や資格取得にお金を使えば、それが全て自己投資になるわけではありません。お金はあるだけを無尽蔵に使えるわけではないので、正しく自己投資をすることが必要になります。大切なのは、投資をしようと思う対象がちゃんと自分のためになるのかを見極めること。それには目的意識を持つことが重要です。なりたい自分をイメージして、そうなるためには何が必要なのかを考えてみましょう。
将来的に海外で仕事がしたいと思ったら、英会話スクールに通うことが自己投資となります。そういった目的意識がなく、ただなんとなく英会話スクールに通うだけでは将来的なリターンが見込めません。それは、自己投資でなく浪費となります。なんとなく始めただけでは継続することが難しいことでも、なりたい自分をイメージしたら続けられそうですよね。

「投資」が「浪費」に変わる

自己投資だと思ってお金を使っていても、目的意識がないと単なる浪費になっているかもしれません。
生活に必要な食材を食べる前にダメにしてしまったら、それは消費ではなく浪費ですよね。投資も同じです。資格取得にチャレンジしても、それが将来の自分にとって役立つ資格でなければ浪費と同じこと。
投資を浪費に変えないためには、自分の将来にどう活かすか、投資して得たものの使い方を考えるようにしましょう。具体的な使い道を投資する前にイメージできなければ、機会を改めた方がいいかもしれません。目標達成のために資格やスキルが必要というように、目指すゴールと自己投資がきちんとつながることがベストです。こうなりたいと思い描く自分をイメージして、そこに近付けるかどうかを意識するようにしましょう。

「消費」を「投資」に変える

投資が浪費に変わるように、消費を投資に変えることもできます。毎日の食事は日々欠かせない消費のひとつ。健康な身体作りのために食事にこだわってみるのはいかがですか? 食材にこだわって自炊をすれば、健康な身体のため料理上手になるための自己投資ですよね。
消費は使ったお金と価値がイコールです。対して、投資は使ったお金以上の価値を生み出すことです。生活に新たな価値をプラスでして、消費を投資に変えてみましょう。

仕事につながる自己投資

資格を取る

ただ単に「資格を取ろう!」と思っても、取得しただけで終わってしまってはもったいないですよね。あれもこれもと手を出すのではなく、仕事に活かせる資格に絞って集中しましょう。この資格を取ったら昇給できる、やりたかった仕事に関われるなど、理想とする自分像に近付けるような資格を目指すのがおすすめです。
資格取得が目的なのではなく、資格を取得して自分を高めることが目的だということを忘れないようにしましょう。
これは自己投資だという意識を忘れずにいれば、資格を取った後にどう活かすかを自然と考えられるようになりますよ。

語学の勉強

外資系の企業でなくとも、英語や中国語ができたらビジネスに役立つかもしれません。
接客業であれば、外国人客が来店した際にきちんと接客ができるでしょう。外国人観光客を相手にしたビジネスも増えてきているので、仕事に活かせる下地があるのであれば自己投資として語学の勉強をするのもおすすめです。

パソコンの勉強

日常的にパソコンを使っていても、パソコンのことはあまり詳しくないという人は多いのではないでしょうか。
ネットにつながらなくなったり電源が入らなかったりというトラブルに遭遇したときに、自分自身で解決するようにパソコンの勉強をしてみるのもいいですね。それをきっかけにしてプログラミングの勉強をするのもおすすめです。
パソコントラブルを自分で解消できれば、職場でも頼りにされるかもしれませんね。パソコンについて学んで一段深い知識を得たことをきっかけに、新しい仕事や副業にチャレンジしてみましょう。

セミナー/勉強会への参加

仕事に関わるセミナーや勉強会に参加してみるのもおすすめです。勉強するだけなら本を読んだりネットで調べたり、自分ひとりでもできますよね。
しかし、学びの場に参加して人と接することで、刺激や影響を受けることができます。自分ひとりだと行き詰ってしまうことも、人の意見を聞いたり教えてもらうことで解決できるかもしれません。

生活をランクアップさせる

1回の食事にこだわりを

日々の食事は消費ですが、それを投資に変えることができるというのは前述の通り。健康な身体作りのために食材にこだわるのもひとつ。
その他にも、浪費だと思いがちな外食や飲み会も、その目的によっては自己投資になるんです。
例えば、料理上手になるために実際のさまざまな料理を食べてみるのも自己投資の一環ですよね。接客業に活かすため、他店のサービスを学ぶための外食だって自己投資です。飲み会だって、仕事関係の人との交流の場として必要なこともあります。
1日3回の食事。その中の1回を、自己投資としてこだわって食事をしてみるのはいかがですか?

健康な身体作り

人間やっぱり身体が資本です。将来的にずっと輝いているためには、健康でいることがとても大切。そのための自己投資をしてみませんか?
ジムに通ったりランニングを始めたり、しっかり身体を動かすことで気持ちもリフレッシュできますよ。忙しくてなかなか運動ができないときこそ、今のストレス解消と将来的な健康のために体を動かしてみましょう。
「健康になる」だけでは結果が分かりにくく、目的意識が薄れてしまうかもしれません。そういったときは、モチベーションを高めるために「体重48kgのわたし」などと理想とする将来像に具体的な数値を盛り込んでみましょう。

感性を磨く

経験することも立派な自己投資です。仕事や家事、育児だけの毎日だと、心が動く機会があまりないかもしれません。美術館に行って本物に触れたり映画鑑賞で物語に入り込んだり、感性を磨いて心を豊かにしましょう。
旅行もおすすめの自己投資です。知らない場所に出掛けて新たな価値観に触れることで、いろいろな物の見方ができるようになります。
月に一度は感性を磨くためにどこかに出掛けるなど、自己投資の時間を組み込んで生活をランクアップさせてみましょう。

時間の使い道も考えよう

時間の「浪費」を「投資」に変える

時間にも、お金と同じように「消費」「浪費」「投資」に分けて考えることができます。睡眠時間や食事時間は生きるために必要な時間で、削ることができません。その他に、ついダラダラしたりごろごろしたりして、ムダにしてしまっている時間もあるのではないでしょうか。これまでに1度くらいは、時間をムダにしてしまったなと思ったことがあるかもしれませんね。
時間もお金と同じく限りがあります。誰しも平等に1日は24時間。こうなりたいという理想の自分になるためには、時間の「浪費」も「投資」に変えていきましょう。

隙間時間を有効に

ちょっとした空き時間に、スマートフォンでゲームをしたりSNSをずっと眺めたりしてはいませんか? そのちょっとした時間を自己投資の時間に変えてみましょう。SNSのチェックは最小限にして、将来的に役立ちそうなことについて調べてみるのもいいですね。
思い切ってスマートフォンを手放して、集中して本を読むのもおすすめです。時間を潰すためにその場しのぎのゲームやSNSに没頭するよりも、自分自身に知識を蓄積できる読書という自己投資の方が有意義だと言えるでしょう。

人に会いに行こう

予定のない日に家でダラダラして過ごすのはちょっともったいないですよね。そういうときこそ、気になる人に会うチャンスです。しばらく会っていない友人や尊敬する職場の先輩、仲良くなりたいママ友など、思い切って連絡を取って会いに出掛けてみましょう。
人脈は大切な財産です。人とのつながりの中に、自分の世界を広げるチャンスがあるかもしれません。人とのつながりを大切にするために時間を使ってみましょう。

ぼーっとする時間を有意義に

仕事や家事、育児で疲れて、何もやる気が起きないこともありますよね。時にはゆっくり身体と心を休ませることも大切です。しかし、ただぼーっとして過ごしてしまうと、時間をムダにした気がして自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。疲れが溜まったまま無理をしても良いことはありません。しっかり休息を取って自分をベストな状態に持っていくことも、将来のための自己投資の一環です。休むことに負い目を持たず、ずっと健康で楽しく生きるために必要な時間だと考えてみましょう。
また、ぼーっとする時間に瞑想をしてみることもおすすめです。リラックス効果もあり、集中力を高めることができますよ。自分の心と向き合える、おすすめの自己投資です。

将来に役立つかどうかを考えた自己投資


さまざまな自己投資がありますが、大切なのは将来ちゃんと役立つかどうかです。
いくら使うか、何時間掛けるが重要なのではありません。自己投資で身に付けた知識やスキルを活かせなければ、それはただ浪費したのと同じことです。
時間もお金も、生きていく上でどうしても削れない部分があるので、自由に使えるのは一部だけです。それならば、ただ浪費するよりもできるだけ有意義に使いたいですよね。理想とする将来の自分の姿をイメージしながら、目的意識を持って自己投資しましょう。

関連記事一覧