赤ちゃんの乾燥性湿疹は保湿で治せる?おすすめ乾燥対策

赤ちゃんの乾燥肌、カサカサやブツブツ、赤みなど、見ていてとっても心配になりますよね。
今回は赤ちゃんの乾燥対策やおすすめの保湿方法をご紹介致します。
赤ちゃんにどの保湿剤を使うべきかお悩みの方、赤ちゃんの乾燥性湿疹にお悩みの方は是非最後まで読んでみてくださいね!

赤ちゃんの乾燥対策におすすめの保湿剤


赤ちゃんにもスキンケアは必要です。
大人のように美容液やパック等は不要ですが、乾燥からお肌を守る手段として、最低限の保湿剤を使いましょう。

しかし、赤ちゃんに使うスキンケア用品にも様々な形状がありますよね。
まずは、それぞれの特徴をご紹介しますので、どれがご自分のお子さんにピッタリなのか参考にして頂ければと思います。

保湿ジェル
ほとんどが水分で構成された保湿剤です。
ジェル単品の保湿では、油分が不足し、水分・保湿成分が蒸発してしまいます。
しかし、ジェルで水分をたっぷりと赤ちゃんのお肌に補給してあげた上で、オイルやクリームといった油分を足してあげると、単品使いよりも保湿力が向上します。

ベビーローション(乳液タイプ)
水分がメインで、そこに油分がプラスされた保湿剤です。
大人で言うと乳液のポジションですね。
水分と油分のバランスが取れており、赤ちゃんのお肌や商品、季節によってはローション1本でも保湿を完了しても問題ありません。
ただ、酷い乾燥状態だと物足りない場合もありますので、そういう時は上からクリームやワセリンをプラスしてみましょう。

ベビークリーム
油分がメインの保湿剤です。
ローションよりも水分が少ないため、よりしっとりとしていますが、伸びが良く比較的塗りやすいものも多いです。
単品使いでも良いですが、水分不足でクリームだけでは乾燥の改善が見られないことも。
その場合はジェルやローションの上からクリームを重ねてあげるようにしましょう。
ローションとクリームを季節や赤ちゃんの肌状態によって使い分けるのも良いですね。

ベビーオイル
オイル100%のものもあれば、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分も加えられたものもあります。
いずれも、サラサラと伸びが良く、べたつきは少ないのでクリームよりも素早く肌に伸ばせます。

油脂系のもの(マカダミアナッツ油やコメヌカ油)は人の皮脂に近いので肌馴染みが良く、鉱物油系(ミネラルオイル)のものは肌の上の保護膜となって、乾燥や刺激から赤ちゃんを守ります。

ただし、オイルベースの保湿剤になりますので、水分や保湿剤はほとんど配合されません。
よって、ベビーオイル1本での保湿(特に鉱物油系)はあまりおすすめできません。

ワセリン
ワセリンは黄色ワセリン、白色ワセリンがありますが、白色ワセリンの方がより純度が高く低刺激で赤ちゃんにオススメです。
他の保湿剤よりも硬めですが、その分肌への保護作用が強いです。
乾燥してかさつきがひどい箇所への使用がおすすめ。
クリームやローションでは改善が見られなかったらワセリンを使ってみましょう。

赤ちゃんを乾燥から守る保湿方法


大人と同じように乾燥の具合、肌質、タイミングなどにによってアイテムを使い分けることをおすすめします。
水分も油分もえ、その両方のバランスが取れたスキンケアが理想的です。

また、お風呂上り、おむつ替え、外出中、帰宅後など、こまめに保湿してあげると乾燥の改善・予防になります。

お風呂上りはお肌へ水分と油分を与えるケアを
肌が最も乾燥しやすくなるのはお風呂上り。

水性ジェルで水分を全身に補給してあげます。
化粧水のような液体タイプのローションでも良いですが、動き回ることや、早くお洋服を着せてあげることを考慮すると、ジェルの方が使いやすくておすすめです。

その後はベビーオイルやクリーム、乳液タイプローションの油分で蓋をしてあげましょう。
効果や使いやすさは人それぞれです。
赤ちゃんの肌質やママやパパ、塗ってあげる人の好みや商品の特徴を見極めて選びましょう。

【ベビーオイル】
・ポンプ式でサッと手に取れて使いやすく、脱衣所などに常備しておくのも◎
・軽やかに伸びていくので、素早く保湿を完了させられる
【ベビークリーム】
・蓋が閉まるタイプが多いので持ち運び用との兼用可能
・しっとりとしたテクスチャーで、ベビーオイルよりも多数の保湿成分が配合されていることが多い
【ベビーローション】
・クリームよりもみずみずしいテクスチャーで、服も着せやすい
・夏場や、乾燥がひどくないときにおすすめ

持ち歩き用のベビーローションやクリームを用意
外出時の赤ちゃんの乾燥対策として、ベビーローションかクリームを持ち歩きましょう。
ベビーローションはポンプ式も多いので、別途容器に詰め替えるか、衛生面が気になる方はキャップ式のものがおすすめです。

メインは水分なのでべたつかず、肌に馴染みやすいのも魅力的。
日中のこまめな保湿にはローションタイプが便利で有効的です。

ただし、ローションでは保湿力に物足りなさを感じる場合はクリームを持ち歩くのもおすすめです。

保湿力が足りない時やカサカサしやすい部位にはワセリンを
ワセリンはお肌の強力な保護膜となってくれますので、水分や保湿成分の流失を防ぎます。
ただし、ワセリン自体に水分は配合されていませんので、ワセリンの単品使用では乾燥の改善は期待できないこともあります。
あくまでも肌の水分や保湿成分の流失を防ぐ目的で使用しましょう。

ローションやクリームに比べるとべたつきやすいので、部分使用がおすすめです。

衣服による擦れ、かぶれ等の肌荒れが気になるならオイルを
乾燥だけでなく、衣服やタオルの擦れによって肌荒れを起してしまうこともありますよね。
そういったトラブルから赤ちゃんを守りたい時はローションやクリームよりもオイルの方がおすすめです。

特に、ミネラルオイルやワセリンといった鉱物油や馬油は保護膜の作用が強いので、そういった油性成分をベースとしたベビーオイルを使用してみましょう。

赤ちゃんの保湿におすすめのジェル3選

ここからは、赤ちゃんの乾燥対策におすすめな保湿剤をご紹介していきます。

まず、お肌の水分補給に重要なジェルからご紹介。

和光堂 ミルふわ ベビージェルローション

出典:Instagram

▶650円/150ml

メインの保湿成分としてオリゴ糖(ラフィノース)を配合しています。
このオリゴ糖には、赤ちゃんの肌のバリア機能を改善することでお肌を保湿する作用があるので、お肌の弱い赤ちゃんにはとても心強い成分です。
他にもビタミンの一種であるイノシトールや、高い保湿力を誇るリピジュアも配合。
さらに、お肌の水分保持機能として働くヒト型セラミド、リン脂質なども配合しています。

こんなにも成分にこだわっていながら、650円というプチプラ価格は驚きです!
保湿ジェル試してみたいけど…どうかな?とお悩みでしたら、まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

沖縄子育て良品 月桃&ももの葉保湿ジェル

出典:Instagram

▶2,400円/180ml

自然素材にこだわった保湿ジェルです。
抗菌作用のある月桃(アルピニアウライエンシス葉水)や、肌のキメを整えてくれるモモ葉エキス、保湿成分にはアロエベラ葉エキスと、とにかく自然由来の植物系エキスを多数配合しています。
そのおかげか、無香料なのに香りも良いといった口コミも。
赤ちゃんのスキンケアタイムに忙しいママの心も癒してくれそうですね。

その他、グリコシルトレハロースやヒアルロン酸Naと言った肌馴染みの良い水溶性保湿成分も配合されていますので、大人の化粧水の様に肌に水分をたっぷり補給してくれます。

MATONA THE HOSHITSU(マトナ ザ ホシツ)

出典:Instagram

▶2,800円/300ml

おしゃれなボトルが目を惹く大容量の保湿ジェルです。
伸びが良いだけでなく、浸透力にも優れ、塗った後すぐにお洋服を着せても問題ありません。
ゆず由来のセラミドやヒアルロン酸が肌を優しく保湿。
ノンパラベンや無香料・無着色などの低刺激処方、アレルギーテスト済みなだけではなく、薬剤師が配合成分を厳選し、安全面にもとことんこだわっています。

赤ちゃんの保湿におすすめのベビーローション(乳液タイプ)4選

アラウベビープラス モイストローション

出典:Instagram

▶900円/120ml

石油系界面活性剤や合成香料、保存料、防腐剤、アルコールは一切不使用の低刺激処方です。

配合されている保湿成分のオイルは全て植物由来で、ホホバ油・スクワラン(オリーブ油由来)・マカダミアナッツ油が使用されています。
マカダミアナッツ油やスクワランは、肌馴染みの良いオイルで肌をしっとり柔らかくしてくれます。
また、ホホバ油は水分蒸発を防ぐ力に長けていて、肌荒れからお肌を守ります。
ラベンダー精油が使用されているので、ほのかに香り心が癒されるのも魅力的ですよ。

伸びが良く、赤ちゃんの体を素早く保湿し、べたつかないテクスチャーが好評です。
ボトルの形状も手に持ちやすい仕様になっていて、細部まで使いやすさにこだわったローションです。

ママ&キッズ ベビーミルキーローション

出典:Instagram

▶1,800円/150ml

口コミサイト等でも好評で、胎内をお手本としているというベビーローション。
スクワラン、オリーブ油、水添パーム油の3つのオイルをベースに、ヒト型セラミドやアミノ酸が多数配合されています。
オリーブ油は水分蒸発を防ぐだけでなく、硬くなった皮膚を柔軟にする作用がある為、カサカサ肌ももっちり柔らかな肌へと導いてくれます。
水添パーム油は元々は固形オイルですが、さっぱりした感触が特徴でワセリンの代わりとしてよく配合される成分です。
さらに、保湿成分は赤ちゃんのお肌にももともと存在する成分を採用しているので、肌馴染みが良く肌を優しくしっかりと保湿してくれます。

キャップが付いたポンプ式ボトルで手に取りやすいだけでなく持ち運びにも便利です。
また、大容量のボトルタイプもありますよ◎

メリーズ ベビーローション

出典:Instagram

▶711円/120ml

ベースとなっているのはスクワランオイル。
さらにセラミド機能成分(疑似セラミド)が配合されている為しっとり潤ったもちもち肌を長時間キープしてくれます。
さらっとしたテクスチャーでべたつかず温かい季節にも重宝します。

こちらは、写真と同じ持ち運びにも便利なボトルタイプの他に、300mlのポンプタイプもあります。
ポンプタイプは片手で簡単に出せるので、お家用にとても便利ですね。

エトヴォス ベビーローション

出典:Instagram

▶2,000円/120ml

ヒト型セラミドを4種類配合し、肌のバリア機能向上が期待できるベビーローションです。
ヒト型セラミド以外にも、保湿成分としてアミノ酸を多数配合しています。
アミノ酸もセラミドも肌にもとから存在し、肌の潤いそのものとなっている成分なので、スキンケアで補うのは乾燥したお肌にとても有効的。

オイルにはシア脂やメドウフォーム油を配合。
どちらも元はこっくりとしたオイルなので、潤いを逃さないエモリエント力が期待できます。
それなのに伸びが良いテクスチャーで、顔にも全身にも優しくサッと塗れます。
大人の保湿にも好評ですよ!

赤ちゃんの保湿におすすめなクリーム3選

DHC ベビーセラミド

出典:Instagram

▶800円/60g

植物性のセラミドを配合した医薬部外品のベビークリームです。
柔らかなクリームで伸びが良く、使った後は肌がしっとりプルプルに。
リピーターの方も多く、まとめ買いするといった声も見受けられます。
べたつかないテクスチャーなのに、アルコールフリー。
その他無香料・無着色の低刺激処方となっています。
ワンタッチで開封できるキャップも嬉しいポイントですよね。

アトピタ 保湿しっとりクリーム

出典:Instagram

▶668円/60g

ミネラルオイル、ワセリン、スクワランをベースとしたベビークリームです。
めちゃくちゃ伸びが良い!というわけではないようですが、その分保湿力が高いのが好評ですね。
ミネラルオイルもワセリンも肌にしっかりと留まるので、肌を強力に保護してくれるクリームといった感じ。
また、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2K、アラントインといった成分も配合されているのも特徴です!
乾燥だけでなく、衣服の擦れ、痒みなどあらゆる刺激に弱いお肌にピッタリなので、酷く乾燥に困っている赤ちゃんにとてもおすすめですよ。

エルバビーバ ベビークリーム

出典:Instagram

▶3,000円/125ml

オーガニック系の成分にこだわりたい方におすすめしたいのがエルバビーバシリーズ。
こちらのクリームはアロエベラ液汁をはじめ、ヒマワリ種子油やシア脂、カカオ脂など、多くのオーガニック認証成分を配合しています。

アロエベラ液汁は保湿作用だけでなく、ターンオーバー促進やバリア機能改善などの効果があり、健康な肌に導くことが期待できます。
ヒマワリ種子油やシア脂、カカオ脂はエモリエント成分としての効果が高く肌の水分や保湿成分を防いでくれます。
3つとも感触の違うオイルですが、これらを組み合わせることで高い保湿力と、べたつかずなめらかなテクスチャーを両立しています。

ラベンダーとカモミールを組み合わせたほのかな香りも魅力的ですよ。

赤ちゃんの保湿にオススメのベビーオイル3選

paxbaby ベビーオイル

出典:Instagram

▶1,500円/40ml

数あるベビーオイルの中で個人的に1番オススメしたいのがこちら、paxbabyのベビーオイルです。
使用されているオイルはマカダミアナッツ油のみ。あとはオイルの酸化を防ぐためのトコフェロールが配合されているだけの超シンプル処方です。
マカダミアナッツ油は、人の皮脂と構成が似ており、とにかく肌馴染みが良くカサカサお肌もしっとり柔らかくしてくれます。
それなのに、全くベタベタしませんし、ヌルヌルもしません。お風呂上がりの保湿にもってこいのオイルですよ。
オイルなのにさらっとしていて、忙しい大人のスキンケアやヘアオイルにも非常にオススメです。

麗白 ハトムギベビーオイル

出典:Instagram

▶1,200/300ml

保湿成分へのこだわりと低刺激処方を叶えたプチプラベビーオイルです。

オイルのベースとなっているのはミネラルオイル(鉱物油)。
鉱物油は肌に留まりやすく、水にも流されにくいので保護膜としての役割に長けています。
油脂(マカダミアナッツ油)では間に合わない、肌をもっと強力に保護してあげたい!という場合はミネラルオイルベースのベビーオイルを選ぶと良いですよ。

ミネラルオイルは鉱物由来の為、懸念される方もいらっしゃいますが、現在は精製の技術が高くなり不純物はほとんど含まれませんので気にしすぎることはありません。

ハトムギは美肌を目指す方に好評な美容成分ですが、主な効果は保湿、抗炎症、美白などがあります。
美白と言っても有効成分として配合されている訳ではありませんので、こちらのベビーオイルの場合は保湿や肌荒れ防止の目的として配合されています。
その他、ヒアルロン酸やBGといった水溶性の保湿成分も配合していますが、肌の刺激となる界面活性剤は配合されていません。

DEVE ベビーオイル

出典:Instagram

▶434円/300ml

こちらはミネラルオイルとスクワランがベースのベビーオイル。
スクワランを構成する成分(スクワレン)も、実は人の皮脂にも含まれています。
その為、マカダミアナッツ油のように油脂とは違いますが、肌馴染みが良くしっとりと保湿してくれるオイルです。
これと肌を保護する力が強いミネラルオイルがベースで、さらに、ヒアルロン酸やセラミドも配合。
とても高い保湿力が期待が出来きるベビーオイルですね。
500円程度で試しやすいのも嬉しいポイントです◎

赤ちゃんの保湿におすすめなワセリン3選

健栄製薬株式会社 ベビーワセリン

出典:Instagram

▶513円/60g

柔らかく、伸びが良い白色ワセリンです。
ワセリンといえば、硬くて重ためのテクスチャーを想像してしまいますが、こちらは柔らかくて伸ばしやすいのが魅力。
その為、肌への摩擦も軽減でき、広い範囲に使いやすいくて重宝します。
プチプラ価格なので手に取りやすいのも嬉しいポイントですね。

日興リカ株式会社 サンホワイトP-1

出典:Instagram

▶1,200円/50g

こちらも純度の高い白色ワセリンです。
先ほどご紹介したベビーワセリンに比べると、少々固めのテクスチャーでよりしっとり感が強いのが特徴。
乾燥がひどい部位にポイント使いや、冬場の保湿強化におすすめですよ。
大人の方の保湿ケアにも大人気なので、赤ちゃんと一緒に使えるのも嬉しいポイント。
写真のチューブ型の他に、大容量のボトル(ジャー)タイプ・持ち運びやすい3gのミニサイズもあるので、ライフスタイルやTPOによって形状を選べます。

日興リカ株式会社 サンホワイトシルキーY-1

出典:Instagram

▶1,600円/80g

先ほどのサンホワイトP-1の姉妹品で、よりさっぱりした使い心地の白色ワセリンです。
ワセリンには珍しいプッシュ式のポンプタイプで出しやすいのが魅力的ですね。
また、中のワセリンが外気に触れることがない為、雑菌の侵入や汚染を防ぐことも可能で非常に衛生的です。
比較的さらっとしたテクスチャーではありますが、他のワセリン同等の保湿力があります。
伸びの良さや使いやすさを重視したい方におすすめのワセリンです。

赤ちゃんの乾燥性湿疹はスキンケアで改善できる!


赤ちゃんの乾燥を見逃してしまうと、痒みや赤み、ブツブツを伴った「乾燥性湿疹」になってしまう可能性があります。
しかし、こまめにスキンケアをしてあげれば乾燥性湿疹は改善できるのです。

また、新生児から保湿ケアをすることで、アトピーの発症を防げるといったデータも存在しています。

赤ちゃんの乾燥の進行度合い
1.見た目では変化が分からないが赤ちゃんのお肌がカサついてくる
※赤ちゃんは生後2~3か月後から肌のうるおいが失われていきます。

2.頬が赤くなったり、白く粉を吹いている箇所がある

3.痒みやブツブツが出てくる⇒乾燥性湿疹の疑いあり
※赤ちゃんが自分の手で顔を触ったり、ママの服や寝具に顔を擦るようなしぐさをしていたら、それは痒いサインです。

4.湿疹が慢性化
※湿疹が広がって雑菌が繁殖し、ひどい炎症でジュクジュクしたり、被れたりします。アトピーが発症するケースも。

ただし、アトピーなのか、乾燥性湿疹なのかの判断は素人では難しいので、赤ちゃんの肌に異常が現れたらまずはお医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんの皮膚は大人の約半分しかありません。
また、肌の機能も未発達なため、大人よりもうんと乾燥しやすい非常にデリケートなお肌ですので、早めの乾燥対策が重要なのです。
是非上記の乾燥の進行度合いを、保湿ケアの目安にしてみてくださいね。

赤ちゃんの乾燥対策で気を付けたいこと


スキンケアは大切な乾燥対策ですが、その他の気を付けてあげたい事もまとめてみました。

お部屋の湿度は50%以上
加湿器を使って湿度を調節することも重要です。
理想の湿度は50%以上。
お部屋の空気が乾燥していなければ、赤ちゃんのお肌の乾燥も防げるので、日中の保湿の回数を減らすことにも繋がります。

肌当たりの優しい生地のお洋服で摩擦を防ぐ
摩擦は肌を傷つけ、バリア機能を弱めるので乾燥やかゆみの大敵です。
通気性の良い生地や、コットン素材などのお洋服を着せてあげると、摩擦やムレの予防になります。

お風呂の温度は38度~39度
お肌のうるおいを守る皮脂は40度以上のお湯だと流失してしまいます。
どんなに高価で高機能なスキンケア用品の保湿剤よりも皮脂は一人一人に最高に適した天然の保湿剤だと思ってください。
その皮脂の流失は極力避けるのが赤ちゃんも大人も重要な乾燥対策です。

また、乾燥がひどいときは、石けん洗浄は2~3日に1度でもOK。
日焼け止めを使用した日は石けん洗浄も必要ですが、そうでなければ湯船に浸かってシャワーを流すだけでも不要な汚れは落ちていきます。
保湿剤は清潔な手でたっぷりと
保湿剤を塗る前には手を洗ったり、赤ちゃんにも使ってあげられる除菌シートなどで手を清潔にしておきます。
また保湿剤はたっぷりと使ってあげることがおすすめです。
そうすることで、塗るときの摩擦の軽減にもなります。

赤ちゃんの乾燥性湿疹にはこまめな保湿で乾燥対策を


化粧品のキャッチコピーでは良く「赤ちゃんみたいなツルスベお肌」なんて言葉を見かけますね。
しかし、実際の赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすく、カサつきや肌荒れの危険に常にさらされています。
赤ちゃんだからこそ、こまめなスキンケアが必要です。
高い保湿剤を少し塗るよりも、安くても、赤ちゃんのお肌に合った保湿剤をたっぷりと塗って、お肌を保護してあげることがポイントですよ。
今回ご紹介した乾燥対策の方法や保湿剤があなたの赤ちゃんを乾燥から守れるきっかけになれたら幸いです。

関連記事一覧