【最新】今どき眉の書き方!自然な立体感を簡単に出す方法

メイクをする過程でも眉メイクは実は1番の難関と言われています。

・今どき眉ってどんな眉なの?
・どうやったら自分にぴったりの流行りの眉が書ける?

そんな疑問に寄り添った、「今どき眉の簡単なメイク方法」をご紹介します。
後半では、おすすめのアイブロウコスメもご紹介しているので、是非最後までお付き合いください!

今どき眉メイクはいかに「本物眉感」を出せるかどうか!


最旬の眉メイクは自然な立体感で「元々綺麗な眉毛」を演出することがポイント。

数年前、細眉が主流だった時期から太眉に流行がシフトしたことが印象的で、未だ「太眉」がナチュラル眉メイクのキーポイントだと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし最旬の眉メイクは「細眉」とか「太眉」とか「眉毛の太さ」はもはや重要視することではなくなっています。

大切なのは「ナチュラルさ」。
つまり、まるで本物のように「元々生えている眉毛」をメイクすること。
その為には自分の眉毛を活かすことに重点を置きましょう。

眉メイクは左右交互に、余計な力を抜いて行うのが鉄則

具体的なメイク方法のご紹介に入る前に、心がけて欲しいことが2つあります。
①必ず左右交互に、バランスを見ながらメイクする
「片方の眉毛を完成させてから、もう片方の眉に取り掛かる」というやり方だと、左右非対称になりやすいです。
1ステップずつ、左右交互にすると、高さや形、色の濃さまで注意が行き届くので綺麗な眉メイクが完成しますよ◎

②眉メイクアイテムを持つ時はお尻の方を持ってやる
眉メイクの失敗でよくあるのが、濃くなりすぎてしまうこと。
これを防ぐためにも、余計な力を入れないことが大切です。
ペンシルやライナーを持つ時は、必ずお尻の方を持ちましょう!
ペン先に近い方を持ってしまうとどうしても力が入り、色が付き過ぎてしまいます。

それでは次の項目から、最新の今どき眉のメイク方法の手順をご紹介していきます!

1.自分にぴったりの眉頭・眉山・眉尻の位置取りをする


今現在、すっぴん眉毛の形がある程度ある人も、処理をしすぎて「まろ眉」になっている人も、まずは自分にピッタリの眉毛の形を知りましょう。

その為には眉頭・眉山・眉尻の正しい位置取りが必要です。

▶眉頭…小鼻の際と目頭を結んだ一直線上の位置
▶眉山…小鼻の際と黒目の外側を結んだ一直線上の位置
▶眉尻…小鼻と目尻の一直線上の位置

この3点にアイブロウペンシル等で印を付けます。

ただただ平行な眉はもう古い!?
「眉山」というと、なんだかきりっとした眉毛のイメージがありませんか?
今どきの眉メイクには実はこの「眉山」が重要なんです。

眉山を作ることで「生えてる眉毛」を演出できます。
眉山を作りつつ、眉毛の下のラインを平行にすることで、キツさや作り物感のない、自然な眉になります。

2.眉毛の下のラインを並行に結ぶ


次は眉毛の下側の線を描きます。
先ほど位置取りをした「眉頭」と「眉尻」をペンシルで平行に結びます。

▶いっぺんに書いてしまうのではなく、眉毛を1本1本、書き足すように結んでいきましょう。
▶眉の下側の線は角度を付けず、平行に書くのがナチュラル眉のコツです。
なので、眉の下側の線は眉山の点を通さなくてOK。

必要に応じて眉毛の処理を
眉頭~眉尻の位置取り、眉下の線を結んだら、理想の位置からはみ出している毛が分かります。
長さがはみ出しているものはハサミでカットし、不要な産毛はシェーバーで剃ります。
濃くて太さがあり、理想の位置よりはみ出たところから生えている毛はピンセットで抜きましょう。

3.眉毛の隙間や足りないところを埋めていく


眉毛が生えていないところ・隙間が空いているところを埋めていきましょう。

ここで重要なのが、自眉の状態に合わせてアイテムを使い分けることです。

▶自眉だけでもある程度は形のベースがある…ペンシル
▶毛量が少ない、形がない、まろ眉…リキッド

眉毛の隙間を埋めるには塗りつぶすのではなく、眉毛を1本1本書き足すことが重要。

まろ眉さんだと特に難しいステップかもしれませんが、以下のポイントを守って丁寧に書き足せば自然な眉が出来ちゃいます。

書き足す眉は点線書きしてスクリューブラシでぼかす
隙間を埋めたり、足りない箇所を書き足すときの目印になるのが先ほど付けた眉頭、眉山、眉尻の位置取りです。
この3点からはみ出さないよう、丁寧に書き足していきます。

しかし、シュッシュッと1本を一気に書いただけでは、いかにも「書きました感」が満載ののっぺり眉の原因になってしまします。
自然で立体的な眉毛を目指すには、書き足した眉が地肌や自眉に馴染んでいることが絶対条件。
その為には眉を書き足した後は必ず、スクリューブラシでぼかすのがポイントです。
1本線で書くより、点線書きの方がぼかしたときにより自然な眉になりますよ。

眉毛の生え方を意識して書き足すと◎
本物の眉毛は、箇所によって生え方が異なります。
眉頭は下から上え、立つように生えています。
中間~眉山にかけては、内側から外側に向かうよう、横向きに生えていますね。
眉尻は上から下へ、覆いかぶさるように生えているんです。

この「生え方」と同じように各箇所の眉毛を書ききましょう。

眉頭なら下から上へ。
中間は外側に向かってスッと流れるように。
眉尻の方は、眉山からはみ出さない様注意しながら、上から下へ書き足します。

隙間の埋めすぎはNG
冒頭でもお話ししましたが、今どき眉は「本物みたいなナチュラルな眉毛」。
これには、ある程度の「ヌケ感」というのが必要です。
その為に意識したいのは書き足しすぎないことです。

隙間なく隙間なく…と間をとにかく埋めまくる必要はありません。
ある程度密度のある箇所は書き足さなくてOK。
まばらで不自然なところだけ丁寧に書き足していきましょう!

4.眉毛全体を整えて、自然な立体感を演出


最後の仕上げでは眉の色味と流れを整えます。
大切なのは自眉を活かした「自然な立体感」を出すこと。
自分の眉毛にあったアイテムを使い分けるのがポイントです。

▶自眉が柔らかい、細い、全体的に薄い印象…眉マスカラ
▶自眉が硬い、太さがある、全体的に濃い印象…パウダー

眉マスカラはしっかりと色が付くので、濃いめの眉の色付けに向いていそうですが、今どき眉メイクをするならこれは間違い。
眉マスカラは束感が出やすい性質もあるので、より「太さ」「濃さ」を強調しやすい為、濃いめの眉に乗せてしますと「自然な立体感」が出せません。

逆に、ボリュームが少なく眉の印象がぼんやりと見えてしまう方にこそ眉マスカラはおすすめです。
発色の良さや束感を出す性質が、眉を程よく強調し、目ヂカラを出せます。

自眉が濃い方はマスカラで無理矢理色味を変えたり、処理を過度に行うのではなく、パウダーを使って地肌ごとふんわり感を演出させるのがおすすめ。

眉マスカラの使い方
毛流れに沿って、ブラシで眉を解かすように色を付けていきます。
自眉の色素は薄いけど、毛の量があるひとは一往復させ、最後にスクリューブラシで毛流れを整えるとと、ムラなく色が入り、且つ自然な立体感を出せます。

だまになったら、何もついていないスクリューブラシで溶かしましょう。

アイブロウパウダーの使い方
アイブロウパウダーは2~3色ほどを使い分けるのがコツ。
というのも、眉毛の色素はもともと眉頭側が薄く、眉尻側が濃くなっているからです。
この色素の濃さに従って、眉頭には1番薄い色を、中間には中間色、眉尻は1番濃い色をふんわり乗せていきましょう。
2色しかないときは、眉尻に濃い方の色を重ね付けすればOKです。

眉頭・中間・眉尻を綺麗に3等分して色を乗せるのではなく、中間色の範囲が6~7割くらいになるのが理想。

毛の密度も高く、自眉がしっかりしすぎてるのがお悩みの方へ


・もともと眉毛が濃くて、書き足したりしたくない…
・眉が硬いだけでなくて密度もある

といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるはず。
そういった眉って、どうしても処理してしまいがちですが、実は今どき眉にピッタリすぎる、素敵な眉なんです。

しっかり処理して眉毛を書き足していく方法もありますが、「本物の眉感」がトレンドの今、それをするのはなんだかもったいないので、そのまま活かしちゃいましょう!

まずは理想の眉頭・眉山・眉尻は確保
眉頭、眉山、眉尻の理想の位置の取り方は先ほどと同じ。
理想の箇所に印をつけ、分かりやすいように全て線でつないでおきます。

そして不要な毛だけを処理します。

色が濃いのが嫌だなと思ってしまうと、ついついカットしすぎてしまいますがそこはグッとこらえて、本当に不要なところだけ処理しましょう。

処理が終わったら、つないだ線は綿棒やふき取りタイプのクレンジング、乳液などを使ってオフしておきましょう。

メイクアイテムは最低限、アイブロウパウダーさえあればOK
処理が終わって書き足す必要がなさそうなら、無理して「眉毛を書く」というステップは踏まなくて大丈夫です。
ちょっとココはまだらかな?と思う箇所があれば書き足しましょう。

そして眉全体をふんわりやわらかな印象に見せるために使うのがピンク系やオレンジ系などカラーパウダーブロウです。
アイブロウパウダーを買う際に、ブラウン以外の色が入ったものを選ぶと迷う必要がなくておすすめです。
これを眉ブラシに取って、眉全体にふんわり色付けしたら完了です!

おすすめの眉ペンシル

ここからは、おすすめな眉メイクアイテムをご紹介します!
まずは、ペンシルから。
excel パウダー&ペンシルアイブロウEX

出典:Instagram

価格:1,450円

アットコスメやSNSでも大人気の商品。
これ一本に、ペンシル、パウダー、スクリューブラシの3つが内蔵されているので、色味さえ合えば、複数のアイブロウコスメを持つ必要なし!
ペンシルタイプなのでかさばることもなく、持ち運びにも便利ですよね。

楕円形のペンシルのスルスルとした書き心地で程よい発色が、眉メイクが苦手な方や初心者の方でも扱いやすい仕様となっています。
パウダーも、ふんわり発色ながらも眉への付きがよいのが好評です。

セザンヌ 超細芯アイブロウ

出典:Instagram

価格:500円

眉毛1本1本が細い方、眉尻の最後の1本まで繊細に書きたい方にとってもオススメなのがこのセザンヌの超細芯アイブロウ。
まるでリキッドのように細い眉毛もかけてしまう細さながら、硬すぎない芯で書きやすさも好評です。
プチプラなので、細かい箇所用として1本持っておくのも良いですね。
ただし、使用する際には出し過ぎには要注意。本当に細いので、ポキッと折れてしまう原因になってしまします。

デジャヴュ ステイナチュラPパウダーペンシルアイブロウ

出典:Instagram

価格:900円

ペン先は楕円形で片方の端は1.5㎜、もう片方は3㎜と、両サイドで太さが違うのが特徴。
細い方は眉尻のような細かい箇所に、太い方は書いてぼかせば、パウダーで書いたようなふんわり自然な眉を演出できます。
スクリューブラシも一体化しているので、書き足す→ぼかすの作業が1本で完了します。
強すぎない発色で自眉と馴染み、自然な眉メイクが完成します。

おすすめリキッドアイブロウ

お次はリキッドタイプのアイブロウ。
アイブロウコスメの中では最も難しいイメージがあり、あまり使われない方も多いかもしれませんが、1番落ちにくく、繊細な線が書けるので是非チャレンジしてみてくださいね!

キャンメイク アイブロウリキッド

出典:Instagram

価格:500円

500円というプチプラながら、皮脂やこすれにも強いというキャンメイクのアイブロウリキッド。
初めて付けたときは「薄いかな?」という印象を受けるかもしれませんが、薄めの発色だからこそ、失敗を防げるだけでなく、理想の濃さを調節できます。
リキッドタイプのアイブロウは初めてという方にも価格・書きやすさ・落ちにくさの3点から是非おすすめな1本です。

エスプリーク Wアイブロウ(リキッド&パウダー)

出典:Instagram

価格:2100円

リキッドペンシル、パウダー、スクリューブラシが1本になったタイプ。雑誌やネットでも美容家がおすすめする名品です。
柔らかい芯ですが、ペタッと色がついてしまうこともないので、書き心地の良さは抜群です。
チップの方についているパウダーを重ねると、リキッドがいい感じにぼかされ、リキッドで書いたとは思えない自然な眉に仕上がります。

KATE リキッドアイブロウ

出典:Instagram

価格:1000円

とにかく1日中落ちないことが好評のKATEのリキッドアイブロウはジムやヨガで汗をかいたり、プールに入っても落ちないんだとか。
眉が元々少ない方、まろ眉の方にはとっても嬉しいポイントですよね。リピーターが多いのも納得です。
アイブロウコートを使うとどうしても「ペタっ」とした不自然な眉になっていまいますが、元々落ちにくいアイブロウを使えばその心配もありません。
なのに薄付きでスルスルとした書きやすさで、涙袋メイク、二重幅を書くことにも使用している方もいらっしゃいますよ。

おすすめアイブロウパウダー

ココからはアイブロウパウダーをご紹介。
ピンクやオレンジといったカラーが入ったパレットをご紹介していきます!

ヴィセ リシェ カラーリングアイブロウパウダー

出典:Instagram

価格:1,200円
ピンク系、オレンジ系、カーキ系と、カラーバリエーションが豊富で愛用者も多いのがヴィセリシェのこちらのカラーリングアイブロウパウダー。
4色も入ったパレットで、自在に色の調節が可能なので髪色やカラコンに合わせて自分にぴったりの眉を目指せます。
さらにカラーパレットそのものも優秀ですが、侮れないのは付属のブラシです。ふんわりとした発色を実現し、まさに今どきな垢抜けた眉を作ってくれます。

インテグレート ビューティートリックアイブロー

出典:Instagram

価格:1,000円

ブラシ付きのアイブロウパウダーですが、こちらは片方だけでなく、両端にブラシが付いているのがポイント。
アイブロウだけでなく、鼻に入れるハイライト・シャーディングとしてもお使い頂けます。
硬めのブラシですが、だからこそ、しっかりと眉に発色し書きやすさを実現。
また、パウダーなのに化粧持ちが良いのも好評です。

マキアージュ アイブロースタイリング3D

出典:Instagram

価格:2,200円

こちらも両サイドブラシ付き。その特徴はほんの少し太めのブラシです。
このちょっと太めに設計されたぶらしが、ふんわり発色の秘密で、何度も重ねて不要に濃くなることを防ぎます。
元々眉に太さのある方、濃さがお悩みの方にはとってもおすすめです。
5色も入ったパレットを駆使することで、自然な立体感を誰でも演出できます。

おすすめの眉マスカラ

最後にご紹介するのは眉マスカラ。
丁寧に書けた眉も、最後のマスカラで台無しに…なんて失敗も怖くない、優秀な眉マスカラをご用意しました。

イプサ アイブロウマスカラ

出典:Instagram

価格:2,200円

こちらは1/11にイプサから発売されたばかりのアイブロウマスカラ。
マスカラ以外のリキッド、ペンシルも同時発売され、セットで買うと5,000円です。
マスカラのブラシが小さいので丁寧に色を乗せられることがとにかく魅力的。
マスカラはどうしても「ナチュラルさ」を出すのが難しいアイテムですが、これなら1本1本、綺麗に色付けできるので、圧倒的にナチュラルな仕上がりに。
眉幅が狭くても使いやすいですね。

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ

出典:Instagram

価格:800円

眉マスカラと言えばコレ!という声も多いほど有名なアイブロウマスカラです。
落ちないこと、眉の黒色をしっかりとカバーしてくれること、ムラなく色が付くことがとても好評です。
しかも他の眉マスカラと比べるとコンパクトサイズなのも魅力的です。
ダマになりにくいので、眉マスカラ初心者の方にもおすすめですよ!

インテグレート アイブローマスカラ

出典:Instagram

価格:800円

ヘビーローテーションのマスカラがしっかり発色なら、こちらはふんわり発色の眉マスカラです。だけど落ちにくいのが魅力的。
若干太めに設計されたブラシが、マスカラでも今どきっぽい自然な発色を叶えてくれます。
7色展開とカラーバリエーションも豊富。
眉の色味だけでなく、質感も変えてくれる優れものです。

自分の眉も活かして今どき眉を手に入れよう!


眉毛はその人の印象をガラッと変える重要なパーツ。
垢ぬけた印象を持ちたい時はまず眉を変えてみるのがおすすめです。
と言っても、ある程度はどうしても似合う眉毛の形や角度が決ってしまうので、実は流行りだけに流されるのはNG。
しかし、今どき眉はいかにナチュラルで、自然な立体感を持たせ「本物感」を出すことが重要ですから、無理に形を変化させる必要はなく、実は挑戦しやすいんです。
是非今どき眉メイク、チャレンジしてみてくださいね!

関連記事一覧