世界の絶景!ノルウェーを堪能できるおすすめ観光スポット

北欧の4カ国のひとつの国、ノルウェーは自然豊かな国です。
ノルウェーの自然は、山や氷河、フィヨルドやオーロラなど壮大な絶景があります。
他にも、アナと雪の女王の舞台とされたり、トロルの舌などのたくさんの絶景があります。
ホテル・ウレンスヴァングなどの宿泊施設や、それらの絶景を詳しく紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

ノルウェーを観光する前に

観光

ノルウェーは、北欧の国の中でも物価が高いといわれています。
買い物する際に値段に驚き、一瞬手が止まるほど物価が高くなっています。
また、治安は良い方だといわれているノルウェーですがノルウェーに限らずどこの国でも100%安心・安全とはいいきれません。
観光する際は持ち物などに十分注意しましょう。

ノルウェーのおすすめ観光スポット①フィヨルド

フィヨルド

フィヨルドとは、ノルウェー語で入り江という意味になります。
約100万年前の2000〜3000mの厚さの氷河が約1年目に溶けて海岸に移動し、谷底がU字型になりそこへ海水が入り作られた地形がフィヨルドになります。

ガイランゲルフィヨルド

ガイランゲルフィヨルドとは、ベルゲン北部にあるフィヨルドになります。
標高1500mにもなる山々があり、全長16kmにもなるフィヨルドです。
このガイランゲルフィヨルドは世界遺産にも登録さえており、人気な観光スポットになっています。
トロルスティーゲンや、ダールスニッバ展望台、ブリクスダール氷河や滝がおすすめです。

ソグネフィヨルド

全長204kmにもなるソグネフィヨルドは、一番深い水深が1308mにもなり世界最長のフィヨルドになります。
アクセス方法が、オスロやベルゲンから可能のため比較的アクセスしやすく、人気なスポットです。
特にフロム鉄道から眺める景色がおすすめです。
さらに、秋には黄葉も楽しめます。

ハダンゲルフィヨルド
ハダンゲルフィヨルド

紹介していくフィヨルドの中で、一番ゆるやかな山々からなる全長179kmのハダンゲルフィヨルドです。
山からは、花や果樹園などの景色がみれます。
ハダンゲルヴィッダ国立公園や、フォルゲフォンナ氷河などがおすすめです。

リーセフィヨルド

リーセフィヨルドは、全長が42kmになっています。
そんなリーセフィヨルドは、海面からまっすぐにある604mにもなる巨大な岩や、プレーケストーレン、シェラーボルテンへのハイキングなどがおすすめです。

ノルウェーのおすすめ観光スポット②トロルの舌

トロルの舌

次にノルウェーでおすすめの観光スポットは、トロルの舌です。
SNSにスリルのあるユニークなポーズの写真を載せるのが話題となっています。
そんなトロルの舌を紹介していきます。

トロルの舌とは?

トロルの舌とはノルウェーの南部にあるオッダという街にあります。
現地ではトロルトゥンガといわれており、頭頂部がノルウェーで有名な妖精トロルの舌に似ているのが由来となっています。

観光におすすめの時期

雪が積もる冬は登ることができないため、6月〜9月がおすすめです。
登頂までにかかる時間は約10時間のため、朝の8時頃から登り始めるのが良いでしょう。

ノルウェーのおすすめ観光スポット③ベルゲン

ベルゲン

ベルゲンとは、ノルウェーの西海岸にありアナと雪の女王のモデルにもなった街です。
そんなベルゲンは、かつてノルウェーの首都が置かれていたため栄えた貿易港でもありました。
そのため、首都のオスロとは違った街並みになっています。

ブリッゲン

ブリッゲンは、ユネスコ世界文化遺産にも認定されており、観光客が途絶えない人気な観光スポットです。
ベルゲンは、13世紀から作られた木造倉庫が多く残っているブリッジゲンエリアはそんな古い木造建築をみながら買い物が楽しめます。

フロイエン山

フロイエン山は、べルゲンの夜景が楽しめるスポットになっています。
ケーブルカーが運行しているため簡単に山の上に行くことが出来ます。
公園や、カフェ、レストランもあり食事をしながら綺麗な景色が楽しめます。

ローゼンクランツタワー/ベルゲン城寒

ベルゲン城寒敷地内にあるローゼンクランツタワーは、1560年代に作られた石造りの塔になります。
中は、資料館になっておりベルゲンの歴史が楽しめます。

帆船 Statsraad Lehmkuhl号(シュタトラート・レームクール)
船

帆船 Statsraad Lehmkuhl号は、船長が98mと大きな船になっています。
1914年に作られた当時は、訓練船として使われ、今では観光イベントなど様々な用途で使用されています。

バイパルケン公園

バイパルケン公園は、ベルゲン市の中心にあり、地元民に親しまれている公園です。
周りには、ベルゲン中央駅や美術館KODEもあるため観光客も多くいます。

ベルゲン魚市場

ベルゲンは港町なので漁業が盛んになっており、新鮮な魚が多く揃っています。

カニ、サーモンやタラ、クジラ肉、タコイカ、などの魚介類が売られています。
その場で調理していただくことも可能のため新鮮で美味しい魚が楽しめます。

旧消防署

旧消防署は、1888年から2007年までベルゲンを守ってきました。
2007年には他の場所に移り、今ではそのままの状態で中が見ることができます。

ブリッゲン博物館

ブリッゲン博物館では、遺産が多く展示される博物館になっています。
また、1955年に起きた火事の痕跡も残っており見ることができます。

ハンザ博物館

ハンザ博物館は、ハンザ同盟で栄えた時期の装飾品や生活の様子などを展示しています。
1872年からの歴史のある博物館です。

コーデ美術館

コーデ美術館は、北欧で最も大きい複合美術館になっています。
4つの美術館と3つの博物館から構成されています。
エドヴァルド・ムンクの作品が多く展示されています。

セント・ジョーンズ教会

セント・ジョーンズ教会は、小高い丘の上にあります。
1894年にゴシック・リヴァイヴァル形式で作られ、ベルゲンで最大の教会になっています。

セント・メアリー教会

セント・メアリー教会は、ロマネスク様式・ゴシック様式のカトリック教会になっています。
1183年からありベルゲンで最も古い建物です。

ベルゲン大聖堂

ベルゲン大聖堂は、ローマ・カトリック教会と統括している教区教会です。
1000人も入れる大きな教会になっています。

ノルウェーのおすすめ観光スポット④オーレスン

オースレン

ノルウェーで最も美しい街といわれている街が、オーレスンです。
街並み・自然の景色どちらも美しい街です。

ユーゲント・シューティール建築群

ユーゲント・シュティール建築は、1904年に起きた大火によって焼失しましたが、ユーゲント・シュティール様式で復興されました。
カラフルで異なる建物が並んでいる風景はゆっくり散歩しながら眺めるのにおすすめです。

アクスラ展望台

アクスラ展望台とはは、アクスラ山の頂上にある展望台です。
この展望台からは、オーレスンの街並みが見下ろせます。
昼間の風景も良いですが、特に夜景は絶景になります。

オーレスン教会

オーレスン教会は、1909年に建てられた祭壇周りが綺麗な装飾が特徴的なカトリック教会です。
パイプオルガンのコンサートなどが行われています。

アトランティック・シーパーク

アトランティック・シーパークは、室内の展示は4000㎡、屋外は6000㎡の大きな敷地のスカンジナビアで最大級の水族館となっています。
魚やショーが観れるだけではなく、ハイキングや釣りなども楽しめます。

ユーゲント・シュティール建築博物館

1905年から1907年までは薬局として建てらてましたが、今では博物館として使用されています。
様々なアート作品が展示されています。

漁業博物館

ノルウェーの主要となる漁港まちのオーレスンですが、漁業博物館では漁業に関する歴史や主要産物などを紹介しています。

スンモーレ博物館

スンモーレ博物館の敷地内には、教会などの建物が50軒以上あり、バイキング時代を再現しています。
当時の生活を実体験することもできます。

モルヤ灯台

モルヤ灯台からは、オーレスンの美しい街並みからアクスラ山や海が一望できます。
さらにこの灯台の中は、ホテルの客室にもなっているそうです。

アルネス島灯台

オーレスンより西に約10km離れた小さな島にある灯台です。
冬には、オーロラ観測場所にもなっており、灯台の光とオーロラの輝きのコントラストが幻想的な空間を演出します。

ルンデ島

ルンデ島は、オーレスンより約80km離れた小さな島です。夏にはリゾート島として人気を博しています。
ルンデ島は、バードアイランドとも言われており、その名の通り鳥が多く集まる島になっています。

ノルウェーのおすすめ観光スポット⑥トロムソ

トロムソ

トロムソは、オーロラを観測するのに有名な場所ですが、オーロラ以外にも観光スポットが豊富にある人気観光地です。

トロムスダーレン教会

トロムスで一番人気といわれている観光名所のトロムスダーレン教会です。
三角の形をした特徴的な教会で、ガラスを多く使用されているため光を多く取り入れると美しく輝く教会になっています。

トロムソ大橋

トロムソ大橋は、トロムソ島とトロムスダーレンをつないでいる橋になります。
全長が1036mになっており、橋からはトロムソの市街地などが一望できます。

Fjellstua展望台(フィエルステューア)

ロープウェーが朝から夜まで長い時間運行しているため、時間を気にせず乗ることができます。
特に夜景が綺麗にみれるため夜に乗ることをおすすめします。

ポラリア

外観が特徴的なデザインになっているポラリアですが、地球で最も北にある水族館になっています。
北極圏ならではの珍しい魚が展示されています。
北極圏の気候やオーロラなどに関する展示もあるため勉強にもなる水族館です。

MS POLSTJERNA号(北極星号)
MS POLSTJERNA号

MS POLSTJERNA号は、1949年に作られ、1981年までアザラシ狩猟船として使用されていました。
綺麗な良い状態で残っているため、より詳しくアザラシ業について学べます。

ポーラー博物館

ポーラー博物館は、トロムソ大学が管理している博物館です。
北極圏の生活や、生息している動物などが展示されています。

スカンセン

先ほど紹介したポーラ博物館の目の前にあるスカンセンは、トロムソで最も古い建物とされています。
年間を通して公園とし解放されていますが、さらに夏にはカフェがオープンされます。

Storgata通り(ストール通り)

Storgata通りとは、トロムソ市街地を縦断するメインストリートのことです。
お土産やさんが多くあるため、買い物したい方におすすめです。

ホットドッグスタンドロケット

Storgata通り沿にあるホットドッグ屋さんになります。
テレビでも多く紹介されており名所になっています。
小腹が空いた際はぜひ立ち寄ってみてください。

トロムソ大聖堂

ノルウェー最大の木造教会になっておりさらに、地球上最も北にあるローマ・カトリック教会ルター派の大聖堂になっています。

プレスト湖

プレスト湖は、トロムソ市街地から丘を登って約20分にあります。
オーロラ観測としても最適な場所です。

トロムソ大学博物館

トロムソ博物館は、ノルウェー北部で一番古い科学研究機関です。
年間で約9万人も動員している人気な博物館です。
地理学・植物学・動物学・考古学・文化史・サーミ族民俗学の6個に分かれています。

トロムソのおすすめアクティビティ

アクティビティ

トロムソで行われるおすすめのアクティビティを紹介していきます。

犬ぞりツアー

冬季には大自然の中を犬ぞりでみられるツアーがあります。
そりを引っ張ってくれる犬も人懐っこく人気があります。

トナカイとの触れ合い

トナカイを飼育している牧場があるため、トナカイに餌をあげたりトナカイのそりに乗ったりなどができます。
サンタクロースになった気分を味わえます。

ホエールウォッチング

ノルウェーでは、多くのクジラやイルカが生息しています。
暖流のおかげで海が氷ことがないため年間を通して参加できます。

オーロラ鑑賞

トロムソに来る方のほとんどが、オーロラ鑑賞をします。
オーロラバンドの直下にあるためオーロラを観測するのに最適な場所です。
9月〜5月頃まで鑑賞することが可能です。

ノルウェーのおすすめ宿泊施設

ホテル・ウレンスヴァング

ホテル・ウレンスヴァングでは、目の前にハダンゲルフィヨルドの絶景が見ることができます。

ダーレン

1894年に作られ、ノルウェーで最も古い木造ホテルです。
10km圏内に、博物館のVest-Telemark Museum Eidsborg(ヴェスト・テレマーク美術館エイスボル)や木造教会のEidsborg Stavkyrkje(エイスボル・スターヴ教会)などがあります。

ノルウェーには魅力がいっぱい!


ノルウェーのおすすめ観光スポットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
ノルウェーでは、自然が豊かでさらに、博物館や美術館などアートからアクティビティーも豊富にあります。
そのため、大人から子どもまで楽しめるためおすすめです。
ぜひ参考にしていただき、より良い旅行にしてください。

関連記事一覧