まだ試していない人は必見!家事代行サービスを上手に利用するコツ

家事代行サービスに興味はあるけれど、利用するのはちょっと不安という方は多いのではないでしょうか。家事代行サービスを上手に使えるようになれば、毎日をより快適に過ごせるようになります。本記事では、家事代行サービスを取り入れる際に必ず押さえておきたいポイントをご紹介します。

家事代行を利用すべき理由

長い間、料理や掃除、洗濯は女性がやるべき仕事とみなされてきました。女性の社会進出が進んだ今でも、お金を払って家事を外部に委託することに罪悪感があるという方も多いのではないでしょうか。

あるいは、散らかった家の中を家事代行のスタッフに見られるのがイヤという方もいらっしゃるかもしれません。

家事を外部に委託するのは富裕層の特権というのは過去の話。最近では、気軽に利用できる家事代行サービスが続々と誕生しています。料金を抑えたサービスやきめ細かく個々のニーズに応えるサービスも増え、一般家庭でも格段に利用しやすくなりました。

様々な理由で家事代行サービスの利用をためらっている方も、思いきっていちど利用してみればその便利さを実感できるはず。まずはじめに、家事代行サービスを利用すべき理由を見ていきましょう。

①自分の時間を作れる
仕事や家事、育児に追われ、毎日が慌ただしく過ぎていく中で、自分のために使える時間を確保するのは本当に難しいことです。家事のためにプライベートな時間を削らなければならないようでは、気持ちをリフレッシュすることができません。

自分の時間を作る最も簡単な方法は、家事の一部を外注してしまうことです。いっとき家事を忘れて、ゆっくり体を休めたり子どもと過ごしたりできる喜びを考えれば、外注のコストも決して高くはないはずです。

②精神的な余裕ができる
子育て世代で仕事もしている女性は、常に時間に追われています。あれもしなければ、これもしなければと忙しいときは、気持ちにゆとりがなくなるもの。つい子供や夫にきつく当たってしまって、後悔したことがある方も多いのではないでしょうか。イライラしてしまうのは何事にも一生懸命で真面目だからこそ。あまり自分を追い詰めないようにしましょう。何事もきっちりこなさなければという完璧主義を封印し、時には手を抜くことも大切です。気持ちの余裕を取り戻しいつも笑顔で過ごすために、家事代行を利用してみてはいかがでしょうか。

③仕事や育児に集中できる
家事は毎日のことですから、オンのときもオフのときも常に頭から離れないものです。仕事中に「早く帰って家事をしなければ」と気持ちが焦ると思うように集中できなくなってしまうこともあるでしょう。家事代行を利用すれば、「スタッフさんにお任せしたから大丈夫」と思えるようになり、家事のことで頭を悩ませなくなります。仕事にも一層集中して取り組めるようになり、時間を有意義に使えるようになりますよ。

家事代行マッチングサービスとの違い

家事を外部に依頼する際には、家事代行サービス会社を利用する方法と、家事代行マッチングサービスを利用する方法の二つがあります。両者には大きく異なる点もあるので注意が必要です。

家事代行サービス会社の場合、実際に業務を行うのは運営会社が自社で雇用しているスタッフや派遣登録しているスタッフです。家事代行サービス運営会社の多くは、利用者のニーズをヒアリングして最適なスタッフをアサインしたり、研修を行なってスタッフのスキルを高めたりなどサービス向上に力をいれ、他社との差別化を図っています。料金はお手頃価格から高価格帯まで幅広いのが特徴です。

また、利用者から担当スタッフを替えてほしいなどの要望があったときや何らかのトラブルがあったときは管理者として間に立ちます。

一方、家事代行のマッチングサービスは、サービスを受けたい人とサービスを提供したい人を仲介する役割を果たします。登録スタッフは家事のスキルを活かしたい一般の主婦がメインです。マッチングサービス自体はプラットフォームに過ぎずスタッフを直接雇用しているわけではないので、トラブルなどがあった場合も基本的にサービス会社は介入しません。家事代行サービス会社がBtoC(法人による消費者向けサービス) であるのに対し、マッチングサービスはCtoC(個人間取引)であることが最大の特徴です。

マッチングサービスは、基本的に家事代行サービス会社よりも低価格で利用できるというメリットがあります。ただ、スタッフの業務スキルや仕事ぶりには個人差が大きいことは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

心理的ハードルを越えて、まず試してみよう

家事代行に興味はあるけれど、不安なこともあって利用に踏み切れない方も多いはず。よくある懸念事項をそれぞれ見ていきましょう。

①家の中を他人に見られることに抵抗感がある
メイドさんを雇う文化がない日本では、家事代行が一般的になった現在でも、他人を家の中に入れることへの抵抗感が根強く残っています。特に、散らかっている状態を見られるのが恥ずかしいという方が多いのではないでしょうか。

自分で片付ける時間がないからこそ家事代行サービスを頼むのですから、家の中は散らかっていて当然。「今日は家事代行のスタッフさんが来るから掃除しておかなければ」なんて、おかしな話です。スタッフさんはプロですから、片付けが必要だからこそ家事代行を頼んでいることをよく承知しています。

家事代行サービスを頼む際は散らかっているのが当たり前の状態です。家の中を少しでもきれいにしておこうという気遣いは素敵ですが、ただでさえ忙しいのにやることがまた増えてしまいます。不要な気兼ねは忘れて、プロの手にゆだねるのが賢い選択です。

②家事を外注することに罪悪感がある
女性が家事の負担からもっと自由になるためには、女性自身も意識を変える必要があります。

時代は進み、家事に対する考え方も変わってきました。男性も家事や育児をするべきという価値観は日に日に定着しつつあり、もはや家事は女性だけが背負うものではなくなったのです。

兼業主婦はもちろんのこと専業主婦も、生活の質を高めるために家事代行を上手に利用していきましょう。時間にもエネルギーにも限りがある中で、本当にやりたいことをやり自分らしく生きるために、家事代行サービスは強力な味方となります。

ぜひ利用したい!おすすめの家事代行サービスTOP3

家事代行で特に便利なサービスをご紹介します。定期的に利用すれば、家事の負担が一気に軽くなりますよ。

①料理の作り置き
主婦にとって、家族の食事を用意することは最も重要なミッションです。一方で、料理は手間のかかる家事の代表格でもあります。実際の調理時間に加え、予算の範囲内で栄養バランスを考えて献立を決めたり買い物に行ったりする時間も要ることも考えると、毎日料理に割く時間はかなりのものであることがわかります。

家事代行サービスの場合、冷蔵庫の中の食材を使って料理してもらえるほか、買い物代行サービスを受けられる会社もあります。その日のぶんだけでなくまとめて作り置きしてもらうこともできるので、「今日は何を作ろう?」と頭を悩ませる必要がなくなります。

②水回りの掃除
お風呂場や台所などの水回りは、汚れが目立ちやすいけれど毎日掃除の時間を取るのは難しいという悩ましいスポットです。水回りの掃除のコツを心得た代行スタッフに任せれば、よけいな時間やエネルギーを消費することなく水回りをピカピカに保てます。水回りが清潔だと、家族皆が気分良く過ごせます。

③室内の掃除・整理整頓
整理整頓が苦手な人は、いくら時間をかけてがんばってもなかなか思うように片付けられないものです。子供がいる家庭ではなおさら、綺麗な状態をキープするのは難しいでしょう。部屋が散らかっているとなんとなく落ち着かずイライラしてしまうもの。思い切って家事代行に依頼してしまえば、片付けのストレスがなくなり、家の中で過ごすのが楽しくなりますよ。

家事代行サービスを利用する際の注意点

便利な家事代行サービスですが、利用する際には注意すべきこともあります。

①会社側がスタッフと秘密保持契約を結んでいるか確認する
スタッフを通じて、家庭内の様子が外部に漏れてしまうのではないか心配という方もいらっしゃるでしょう。スタッフが作業中に見聞きしたことを第三者にしゃべったりするのは通常考えにくいことですが、心配な方は家事代行会社とスタッフが「職務を通じて知りえたことは口外しない」という秘密保持契約を結んでいるか確認することをおすすめします。

②会社が損害保険に加入しているか確認する
スタッフはモノの取り扱いに十分注意していますが、掃除や洗い物などを行う際にうっかりもしくは不可抗力で破損してしまう可能性はゼロではありません。まず、家事代行を頼む際は、大事なものはしまっておくようにしましょう。その上で、万一の時に補償してもらえるよう、損害保険に加入している家事代行会社を選んでください。

③お金や貴重品は出しっぱなしにしない
スタッフがお客様の家の物を盗むのは通常あり得ないことです。ただ、たまたま家事代行サービスを頼んでいるときにお金やモノがなくなってしまったら、スタッフを疑う気持ちが出てくるかもしれません。疑われたスタッフのほうも、以降気持ちよくお仕事をしていくことは難しくなるでしょう。後々トラブルにならないよう、お金や貴重品などは必ずしまっておきましょう。

④重点的にやってほしいことをきちんと伝える
家事代行サービスでは基本的に、作業の成果ではなく作業時間に対して料金が定められています。たとえば、作業時間2時間でキッチンとバスルームと洗面所の掃除を依頼したとします。利用する側は、3か所の掃除がまんべんなく終わっていることを期待するでしょう。しかし、たとえばキッチンが非常に汚れていた場合、キッチンの掃除に時間がかかってしまい他の2か所には手が回らないということもありえます。このような場合、利用者側には「頼んだことをちゃんとやってもらえなかった」という不満が残るでしょう。

時間内にこなせる作業には限りがあります。汚れのひどいキッチンを重点的に掃除して他は時間が余ったらやってもらえばよいのか、ざっとでよいので3か所全部を一通り掃除してほしいのか等、優先順位を明らかにし、要望をあらかじめ伝えておくのが上手な利用のコツです。

おすすめの家事代行サービス

家事代行サービスを選ぶ際は、料金やサービス内容、サポート体制などが希望に沿うかを確認したうえで、お試しプランなどから始めてみることをおすすめします。ここでは、顧客満足度が高く、様々なプランが用意されている家事代行サービス会社をご紹介します。

ベアーズ

20年の実績を誇る家事代行会社です。一般的な調理や掃除だけでなく、アイロンがけや靴磨き、水やり、送迎など利用者のニーズにきめ細かく応じるオーダーメイド型のサービスが特徴です。まだ新しいサービス業態である家事代行では新興の会社が多い中、長年の実績を持っている会社にはやはり安心感があります。約9割の利用者が定期利用していることからも満足度の高さがうかがえます。365日のサポート体制が敷かれており、何かあった際にもすぐに相談できる点も高ポイントです。

ベアーズのHPはこちら

ミニメイド・サービス

介護事業や保育事業などを行うニチイ学館が運営しています。サービスを提供するのは、フィリピン政府公認の専門資格を持つフィリピン人スタッフ。日本語だけでなく英語にも対応しています。専任スタッフは2名1組なので、効率的に作業を進められることが強みです。朝6時から夜10時まで、土日も営業しているので、サービスを受けたいときに受けられるのが魅力です。

ミニメイド・サービスのHPはこちら

アールメイド

定期サービスを専門としており、コーディネーターによるヒアリングやサービス内容の提案、トライアルの際の立ち合いなど、きめ細かい対応が特徴です。スタッフ研修のほか定期的な面談・勉強会を設けるなど、サービス向上の取り組みにも力を入れています。掃除や料理だけでなくベッドメーキングや片づけ、料理の下ごしらえなどあらゆる家事を頼める月4回の「働くママのためのサポートサービス」があるのも嬉しいところです。

アールメイドのHPはこちら

カジタク

イオングループによる家事代行サービスで、全国で初めて「家事代行サービス認証」を取得しています。掃除や料理のほか、整理収納に強みがあるのが特徴です。整理収納の関連資格を持ったスタッフが不用品の仕分けや収納方法などを提案する「片付け名人プラン」、コンサルティングによりオーダーメイドの収納提案を行う「片付け名人プレミアムプラン」は片付け下手な人の強い味方です。

カジタクのHPはこちら

キャットハンド

20年の実績がある人材派遣会社による家事代行サービスです。スタッフには身元保証人を立ててもらったり服務規程の誓約を義務付けたりなど、安心して利用できる体制を整えています。「子育て応援パック」やリーズナブルな「猫の手ライト」、あらゆる家事に対応する「猫の手パーフェクト」など多彩なプランがあり、ライフスタイルやライフステージにあわせて利用できます。

キャットハンドのHPはこちら

家事代行サービスを気軽に利用して、毎日をもっと楽しく

自分に合ったサービスと出会えれば、自由な時間が増え、何より精神的なゆとりができます。毎日をより快適に、より楽しく、より充実したものにするために、家事代行サービスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧