無農薬野菜・低農薬野菜は安心?【野菜を買う時に気にすること】

毎日の食事で野菜を全く摂らない日はありますか?せっかく体に良いと思って食べる野菜は、安心・安全の物を買いたいですね。健康野菜や特別栽培と言われている無農薬野菜や低農薬野菜があります。今回は、無農薬野菜と低農薬野菜のメリットやデメリット、そして野菜を購入する時に気にすることなどをご紹介していきます。

無農薬野菜と低農薬野菜の違いは?

無農薬野菜とは

無農薬野菜とは、今作っている野菜の栽培期間だけ農薬を使用せずに栽培した野菜です。ただ、使用していけないのは農薬だけで、肥料は使用してもいいことになっています。肥料の役割は野菜を栽培する際に、足りない栄養を作物や土に与えることで、形や色など綺麗で立派な野菜が出来上がります。

最近では無肥料で栽培する農家もありますが、肥料で栄養を与えない代わりに土づくりが大変なのでまだまだ少ないのが現状です。ただ、日本では、作物に与える肥料の安全基準が決まっているので、そこまで心配しなくていいのかもしれません。

低農薬野菜とは

低農薬野菜は、特別栽培(化学合成農薬・化学肥料の窒素成分を通常の5割以上削減)に指定されている減農薬野菜とは違います。低農薬野菜は、特に基準がないので生産者が「低農薬で栽培しました」という自己申告があれば低農薬野菜になります。

無農薬野菜と低農薬野菜のメリット・デメリット

無農薬野菜のメリット

無農薬野菜と有機野菜を、同じだと考える人もいるようですが、まったく違う種類になります。有機野菜も無農薬栽培ですが、他のも条件があります。無農薬野菜は、農薬を使わない特別栽培になります。最大のメリットは、安心・安全。特にパッケージに生産者の名前が書かれている無農薬野菜を見るとそれだけで安心してしまいますね。

生産者がきちんと栽培している野菜は、害虫や紫外線から自らを守るために分解や酸化されにくい抗酸化成分を作っています。なので、本当に心を込めて作られた無農薬野菜は、すぐに痛まないし、害虫にもほとんど襲われない、栄養豊富で美味しい野菜ができます。

無農薬野菜のデメリット

無農薬野菜にもデメリットはあります。無農薬野菜を抗酸化成分が出るくらいきちんと栽培するには、手間がかかるので値段が高め。その栽培された自慢の野菜には、栽培した人や町の名前が入っていることが多く、その分割高になってしまいます。

さらに、気を付けたいのが農薬を使用していないので、弱い野菜には害虫がいることがあります。元々、日本は外国よりもオーガニック野菜の普及率が悪いと言われてきました。もちろん、理由もあり、温暖多雨の気候で害虫や雑草が多くなり、農薬に頼ってしまうようです。

低農薬野菜のメリット

低農薬野菜のメリットは、通常の工程で栽培した野菜よりも農薬や殺虫剤などを削減して作っているところです。野菜は、ほとんど毎日食べる物なので、家族に安心・安全な食事を食べさせてあげることができます。

低農薬野菜のデメリット

低農薬野菜のデメリットは、農薬や殺虫剤・化学肥料がどのくらいの量、栽培時に使用されているのか全くわからないということです。低農薬野菜の基準ははっきり定められたガイドラインがなく、生産者の申告だけで判断されます。

農薬をまく回数は地域によっても変わってきます。寒い時期が多い北海道は害虫が少ないので、元々農薬をまく回数は少ないです。逆に鹿児島などは雨の量が多く暑いので、農薬をまく回数が多くなってしまいます。例にたとえると北海道の回数が1回、鹿児島が3回、そして鹿児島のまく回数を2回にしても低農薬野菜になります。

なので、農薬などの量や回数を減らしたとしても、何と比べてどのくらい減らしたのかを報告する義務は生産者にはありません。もちろん、パッケージにわかりやすく減らした量を記載する生産者もいるでしょう。さまざまな健康野菜が販売されているので、購入する側がしっかりチェックしなければいけませんね。

野菜を購入する時に気にすること

野菜は何に重点を置く?

日本協同組合連携機構(JCA)では、2009年から野菜を購入する時に気にすることに対してのWeb調査を行っています。その2016年の調査結果は下記の通りになっています。

鮮度が良い(61.4%) 味・食味がよい(20.4%) 予算内の金額(11.3%)
販売単価が安い(53.5%) ちょうどよい量(16%) 見切り品などの値引き(10%)
国産品である(35.1%) 見た目・形が整っている(13.4%) 生産者の名前・農場が記載(6.5%)
旬のもの(30.7%) 産地が地元・または県近(12.7%) 特別栽培・JASマーク付き(4.2%)
特売で安い(30.6%) 色づき・ツヤがよい(11.6%) 保存がきく(3.7%)

という結果になっていますが、自分の行動で当てはまるものはありましたか?こうして見てみるとさまざまな結果が出ていますね。鮮度が良いと答えた人が1番多い結果になっています。ただ、安く買いたい・値引き・特売という意見もあるので、なるべく安く買いたいという消費行動も。

少数派ですが、産地や無農薬野菜・低農薬野菜にこだわりを持っている人もいます。毎回スーパーなどの特売や値引き品を購入する人は、ライバルが多いことに驚いている人もいるかもしれませんね。この調査結果を見ていただき、他の人が気にしていることを参考にしながら野菜を購入してみてください。

無農薬野菜と低農薬野菜の表記は?

最近では有機野菜や無農薬野菜・低農薬野菜などが販売されていますが、スーパーなどではどういった表記がされているのでしょうか?有機野菜はパッケージに有機JASマークが表示されています。無農薬野菜と低農薬野菜は、以前は表記されていましたが、野菜の生産者によって定義が異なるということで表記が禁止されました。

ただ、自主的に表記をしないでくださいねと言っているだけなので、法的な拘束や罰金などは一切何もありません。実際の売り場では、無農薬で育てたという言葉は見かけるような気もします。

でも、消費者が買い物をする時にまったくわからないのも困ります。なので、無農薬野菜と低農薬野菜・減農薬野菜は、特別栽培として「農薬:栽培期間中不使用」「節減対象農薬:当地比◯割減」などの表記がされているので、確認してみてくださいね。

鮮度の良い野菜を選ぶ

スーパーや百貨店の売り場で野菜を購入する時に、手に取って鮮度を見る人は多いと思います。新鮮な野菜にこだわる人は葉物がしおれていないか、トマトなどに傷はないか、キュウリのとげは痛いかなど新鮮さのチェックをしてから買い物かごに入れることでしょう。

鮮度の良い野菜を選ぶポイントは、例えばピーマンはへたの周りが盛り上がっていて、へたを上にして見た形が逆三角形のピーマンは、美味しいとされています。寒暖差がある地方が甘いトマトは、へたとは逆側の部分の放射線状のスジがハッキリしている物が糖度の高いトマトです。

さらにキャベツ、芯の部分はなるべく白く、ひび割れをしていないもの。夏から秋・冬は外側の葉がしっかり巻かれ、重量のあるキャベツを、春のキャベツは外側がふんわりしていて軽いキャベツを選ぶといいです。忙しい時の買い物ではなかなか難しいですが、同じ金額を払うなら鮮度の良い野菜がいいですね。

安く美味しい野菜を購入したい

家族に無農薬野菜や低農薬野菜などの身体に良い物をたべさせてあげたいけど価格が高めなのが困ります。スーパーや百貨店では種類も少なかったりするのでいろいろな健康野菜を購入することが難しいです。

産直市場などは、農家の人が直接野菜を持ってくるので野菜が新鮮です。そして無農薬野菜や低農薬野菜の種類が豊富・価格も安めですが、道の駅や産直市場などは地域によって遠くてたどり着けません。

最近は野菜の宅配が人気です。有名なところはOisix(オイシックス)や大地を守る会・らでぃっしゅぼーやなど。他にも無農薬野菜宅配ミレー。千葉県の会社ですが鮮度が良いと評判もいいようです。さらに、同じ野菜でも栽培方法や生産者を選べる仕組みになっています。

それによって同じにんじんでも価格が違ってくるので、自分の予算に合った安全な野菜を買うことができます。それぞれの宅配では最初のお試しセットもあるので、いろいろ試して比べてみてはいかがですか?

産地にこだわりたい


野菜の産地にこだわりを持っている人もいると思いますが、スーパーでは、アスパラガスやニンニク・オクラなど外国産の野菜もよく見かけます。価格は安いですができれば国産の野菜を家族には食べさせたいですね。国内の各地域にも美味しい無農薬野菜や低農薬野菜がたくさん栽培されています。

売り場によっては産直市などもあり、地方で栽培された無農薬野菜や低農薬野菜が販売されている場合もあります。そういった野菜のパッケージには生産者や町の名前が記載されているので、確認してみましょう。食事の時に美味しかった野菜があれば継続して同じ生産者の野菜を買えば間違いはなさそうですね。

季節ごとの旬の野菜

今はハウス栽培などで一年中、たくさんの野菜を購入することができます。でも春夏秋冬、それぞれに旬の野菜があります。野菜だけではなく果物や魚介類などもそうですが、太陽に光を浴びた季節の旬の野菜は栄養が違うと言われています。

茄子やトマト・キュウリなどの夏野菜は、暑さで疲れた体のほてりを抑えて体調を整える働きがあります。そして小松菜や白菜・キャベツなどの冬野菜は、冷えた体を温めて免疫力を上げることができます。どの野菜も一年中買うことができますが、旬にたくさん食べることも家族の健康な身体づくりには必要なことですよ。

インターネット通販も便利になり、農家から季節ごとに旬の無農薬野菜や低農薬野菜を直接購入する人も増えてきています。ふるさと納税で旬の野菜を探す人もいるようです。

こだわるなら健康的な野菜を食べたい

健康的な野菜というとやはりオーガニック野菜や無農薬野菜・低農薬野菜になります。これに関してはこだわる人とそうではない人との区別がはっきり分かれそうです。国内の農薬の量は、体に影響を与える事はないようですが、家族の食事で出すならしっかり残留農薬も落としたいですね。

毎日の調理方法である程度の残留農薬を落とすことができます。野菜の水洗い・皮むき、トマトやピーマンなどの皮むきができない野菜は、しっかり流水で洗います。そして、ゆでる・揚げる・焼く・炒めるなど火を通すことでさらに気になる残留農薬を取り除けます。

見た目や形にはこだわる?

スーパーなどで売っている野菜は、見た目や形がキレイなものが多いです。その中でもさらにキレイな野菜を選んだりしていませんか?農家の人が栽培した野菜は、味は同じでも外見上の理由で店舗には並べずに、廃棄や家畜のエサになっているものが多いそうです。

海外ではそういった規格外の野菜を安く販売しているスーパーもあります。ただ、そのままでは売れないので、隣でスープやジュースにして味を確かめてもらっているそうです。日本でもそういう活動があれば形は悪くても美味しい野菜を安く買うことができます。

野菜を宅配してくれるOisix(オイシックス)や大地を守る会なども規格外の商品を販売している時もあるようです。他にも通信販売で規格外の野菜を売っているサイトもあったりするので、いろいろ探してみるのもいいかもしれません。

野菜の量やサイズで選ぶ

スーパーで野菜を買う時は、なるべくお得に買いたいですね。さまざまな調査で購入する時に、サイズや量を気にする人も結構いらっしゃいます。特にキャベツや玉ねぎなどは天秤にかけて、大きくて重量のあるものを選ぶ傾向にあります。

中には食品ロスを減らすために食べきれる小さめの野菜を選ぶ人もいますよ。家族で美味しく食べられる量やサイズの野菜を選びたいですね。

お得に美味しい野菜を買いましょう!

お野菜にもいろいろな種類や選び方があります。無農薬野菜や低農薬野菜・オーガニック野菜・一般的な野菜、どの野菜を買う時も家族に美味しいものを食べさせてあげたくて買い物をします。今は、家にいながらでも野菜が買える時代ですが、安全で安心な野菜を買うにはしっかりチェックしなければいけません。ぜひ参考にしていただいて、美味しい野菜を買いましょう。

 

 

関連記事一覧