体の中から光老化を防ぐ!「飲む日焼け止め」の成分とおすすめサプリ

日焼けはシミだけでなく、シワやたるみの原因にもなります。いまや日焼け対策は大人の女性の必須科目といっても過言ではありません。日焼け対策として一般的なのは日焼け止めを塗ることですが、「飲む日焼け止め」もあることをご存知でしょうか。本記事では、透明感あふれる美肌を守るためにぜひ毎日の習慣にしたい、飲む日焼け止めについてご紹介します。

お肌を老けさせるのは加齢よりも光老化

これまでは、シミ、シワ、たるみなどのエイジングサインは加齢が原因と考えられていました。しかし現在では、お肌の老化の原因として加齢による影響は2割程度に過ぎず、8割は太陽光線による「光老化」による影響だということがわかってきました。逆に言えば、太陽光線による悪影響を最小限に抑えれば、年を重ねても綺麗な肌を保つことができるということです。

ほとんどの方は、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりなど、ある程度の日焼け対策は日常的に行っていることでしょう。ただ、太陽光線による悪影響を抑えるには、表面だけの日焼け対策で十分とはいえません。光老化を防ぐには、体の外側だけでなく、内側からのケアが大切です。

紫外線だけじゃない!光老化の原因となる太陽光線の種類

これまでは、紫外線対策=日焼け対策と捉えられていましたが、実はお肌に悪影響を及ぼすのは紫外線だけではありません。まずはじめに、太陽光線の種類とお肌への影響をおさらいしておきましょう。

太陽光線は波長の長さによって、紫外線、可視光線、赤外線の3つに分けられます。

紫外線
紫外線は波長の長さによって、UVC(短波長=200~280ナノメートル)、UVB(中波長=280~315ナノメートル)、UVA(長波長=315~400ナノメートル)に分けられます。UVCはオゾン層によって遮られるため、地上にはほとんど届きません。

UVBを多量に浴びると、肌が火傷のように赤くなってヒリヒリするサンバーンやメラニン色素によって肌が黒くなるサンタンを起こします。UVBは日焼けやシミの原因となるだけでなく、細胞のDNAを損傷することで皮膚がんを発生させることがあります。

UVAは地表に届く紫外線の約95%を占めます。UVAがお肌にハリや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞を損傷し、活性酸素を発生させてコラーゲンやエラスチンを酸化させることでシワやたるみができます。また、メラノサイトを活性化させたり、メラニンを酸化させて黒くする作用もあります。

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織という構造になっています。太陽光線は波長が長いほど皮膚の奥まで届くという性質があり、UVBは表皮までしか届きませんが、UVAはより深くの真皮層まで到達し、大きなダメージを与えます。

赤外線
波長が短いものから、近赤外線(700~2500ナノメートル)、中赤外線、遠赤外線に分けられます。近赤外線は地表に届く太陽光線の約50%を占めます。近赤外線はUVAよりさらに深く、皮下組織や筋膜、筋層にまで届きます。深いシワやたるみの原因となるだけでなく、肌の糖化を促進し黄ぐすみさせます。

可視光線
可視光線の中で最も波長が短いのがブルーライト(青色光=380~500ナノメートル)です。ブルーライトは加齢黄斑変性や眼精疲労など眼にダメージを与えるだけでなく、活性酸素を発生させて皮膚の細胞を損傷します。

1年365日の光老化対策が必要

日焼け対策としては、日焼け止めを塗ったり日傘や帽子、サングラス、衣服などで肌を太陽光にさらさないようにする方法が一般的ですが、十分注意していたはずなのに日焼けしてしまったという経験がある方は少なくないはずです。一般的な素材の衣服は紫外線を通してしまいますし、塗る日焼け止めの量が足りなかったり、汗や水で流れてしまったりなどということもありえます。直接日焼け止めを塗れない髪や眼を守るには、UVカット効果のあるサングラスやヘアスプレーなど特別なケアをする必要があります。また、一般的な日焼け止めはブルーライトや近赤外線には対応していません。外側からだけの対策では100%日焼けを防げないと考えたほうがよいでしょう。

また、冬でも紫外線は降り注いでいるため、1年を通した日焼け対策は欠かせません。晴れた日だけでなく、薄曇りの日は約80~90%、曇りの日は約60%、雨の日でも約30%の紫外線が降り注いでいます。 波長の長い近赤外線やUVAは窓ガラスを透過するので、ずっと室内にいる日でも日焼け対策は必要です。真夏や1日中屋外にいる日だけでなく、まさに1年365日の光老化対策が求められるのです。

うっかり焼けを防ぎ、光老化から体を守るには、塗る日焼け止めや日傘、 UVカット効果のある服の着用など外側からの対策に加え、体の内側から光老化を防ぐ「飲む日焼け止め」を併用するのが効果的です。

飲む日焼け止めが効くメカニズム

紫外線を浴びると、私たちの体は大量の活性酸素を発生させて細胞を守ろうとします。活性酸素は免疫機能や感染防御、細胞間の伝達としての役割を果たす一方で、過剰に発生すると酸化ストレスを引き起こして細胞を損傷し、生活習慣病やガン、心疾患などの要因となるほか、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを発生させます。

飲む日焼け止めは抗酸化作用のある成分を多く含む栄養補助食品で、活性酸素の大量発生を防ぐ効果があります。シミやシワ、たるみが気になる方、外に出る機会が多い方は、塗る日焼け止めと併せて服用することをおすすめします。飲む日焼け止めは、うっかり日焼けしてしまったときや屋外で長時間過ごした際のアフターケアとしても効果的です。

飲む日焼け止めは、主成分がPLエキス(シェードファクター、フェーンブロック)のものとニュートロックスサンのものの2つに大別されます。いずれも植物由来で抗酸化作用があるという点は同じです。

フェーンブロック
ダイオウウラボシというシダ植物の抽出液であるPLエキスを主成分とし、免疫防御、抗酸化、DNA保護、コラーゲン保護の作用により光老化から肌を守ります。

ニュートロックスサン
地中海地方に生息するシトラスから抽出されるフラボノイド(ナリンゲニン)とローズマリーから抽出されるカルノシン酸、カルノソール、ロスマリン酸が配合されています。生体防御機構を活性化させ、炎症を抑える働きがあり、現にあるシミやシワを改善する効果も期待できます。

飲む日焼け止めの注意点

塗る日焼け止めとの併用が基本
飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めのような即効性はなく、日焼けそのものを直ちに防ぐ効果はないことに注意してください。肌が黒くなるのを防ぐためというより、シミやシワなど太陽光による光老化を防ぐためのものと考えましょう。塗る日焼け止めと併用するのが基本です。

幼児・妊産婦・アレルギー体質・薬を服用中の方は注意が必要
フェーンブロックもニュートロックスサンも自然の植物から抽出された成分であるため、医薬品のような副作用はないと考えられます。ただし、植物に対するアレルギー反応を起こす可能性はゼロではありません。また、4歳未満のお子さんや妊娠中・授乳中の女性、薬を服用している方、アレルギー体質の方、高血圧や貧血の方は服用を控えるか、医師と相談してください。

毎日欠かさず飲むことが大切
栄養成分は日々、消化・排出されているため、日焼けしてしまったときだけ飲むという服用方法では十分な効果は得られません。毎日欠かさず飲み続けることで栄養成分が常に体にいきわたっている状態になり、日焼けに負けない体を作ることができます。

所定の服用量を守る
早く美肌になりたいからといって、一度に大量に飲むのは厳禁です。体に悪影響が出る可能性はゼロではないので、必ず決められた服用量、服用方法を守りましょう。

飲む日焼け止めのおすすめ

紫外線によって発生する活性酸素には複数の種類があります。飲む日焼け止めを選ぶ際は、多種類の活性酸素に対応できるよう、複数の抗酸化物質が配合されているものを選ぶようにしましょう。サプリメントタイプなら持ち運びにも便利です。

ホワイタスプラス

光老化や糖化、酸化によるダメージを抑えます。ニュートロックスサンのほか、スターフルーツ葉エキス、通常のメロンの約7倍もの抗酸化酵素を含むメロンに由来するメロングリソディン、アミノ酸の一種シスチン、リコピン、ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンの全7種類の抗酸化成分が配合されています。国内の工場で生産されている安心感の高さも高ポイントです。

販売サイトをチェックする

ホワイトヴェール

ニュートロックスサンに加え、100%植物由来の抗酸化成分であるクロセチン、ルテイン、ザクロエキス、メロンプラセンタ、リコピンを配合しています。化学合成品は不使用で、グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン、アムラ、ベニノキ種子の有機ハーブを使用しています。抗酸化成分のほか、鉄分やビタミン、ミネラルなども配合されており、女性に不足しがちな栄養素をしっかり補うことができます。美容効果の高いローズポリフェノールとアーティチョークエキス配合で、体の中から美しく。

販売サイトをチェックする

インナーパラソル16200

ニュートロックスサンが高配合されているのが特徴です。2粒服用すればニュートロックスサンの1日の摂取推奨量250mgを摂ることができます。その他、パイナップル由来のフルーツセラミドのであるパインセラ、キノコ由来のコプリーノ、ポリフェノールの一種ビタミンP、ビタミンCが配合されており、トータルで美肌を守ります。

販売サイトをチェックする

雪肌ドロップ

ニュートロックスサンを250mg配合。皮膚の透明感を保つシステインペプチド、αアルブチン、ザクロエキス、乾燥を防ぐコラーゲンペプチド、メロンプラセンタのほか、グアバ、レモン、ホーリーバジルなどオーガニックの植物から抽出されたビタミン、ミネラルが配合されています。厚生労働省が定める品質管理基準を満たす国内の工場で製造・管理されているので安心して服用できます。

販売サイトをチェックする

サンタンブロック

高配合のニュートロックスサンにビタミンDを合わせたシンプルな処方です。不足しがちなビタミンDは成人が1日に必要とする量がしっかり配合されており、美肌だけでなく健康の維持にも効果的です。原材料の入荷から製造、最終出荷に至るまで製品が一定の品質に保たれるよう定められたGMP認定工場で製造されています。

販売サイトをチェックする

BE-MAX the SUN

ニュートロックスサンに加え、オリーブ葉ポリフェノール、ザクロポリフェノール、ビタミンDを配合。植物の力で透明感ある肌へ導きます。エステサロンで取り扱っているサプリですが、インターネット通販でも購入できます。

販売サイトをチェックする

noUV(ノーブ)

美容クリニックのドクターチームによって開発。主成分のPLエキスに加え、ビタミンC、ビタミンE、リコピン、ビタミンB12、ルテイン、クロセチン、ビタミンDと7種類の新成分(L-システイン、ビタミンB2、パイナップルフィトール、メロンプラセンタ、セラミド、コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸分解成分)が配合されています。豊富な栄養成分が透き通るような美肌を作ります。

販売サイトをチェックする

やかないサプリ

PLエキスを主成分とし、ローズマリーエキス、ビタミンC、カロテン、ヘスペリジン(ビタミンP)、パイナップルから抽出されたセラミドが配合されています。服用は1日1粒でOK。リーズナブルな価格なので無理なく続けられるところも魅力です。

販売サイトをチェックする

ヘリオホワイト

販売元はおなじみのロート製薬。ファーンブロック(PLエキス)に加え、美容サポート成分としてハトムギエキス、ビタミンB6、ビタミンB2が配合されています。シートタイプの包装なので、旅行などに持っていくのにも便利です。

販売サイトをチェックする

飲む日焼け止めは美肌作りのための新習慣

日焼けしたくないばかりに、夏のレジャーを心から楽しめなかったり、外出するのが面倒と感じたりしている女性は少なくないはずです。確かに女性にとって光老化は脅威ですが、日焼けを避けるために家に引きこもってばかりいるのはつまらないですね。飲む日焼け止めは、毎日をアクティブに楽しみたい女性の強い味方です。毎日の習慣に取り入れて、体の中から健やかに美しくなっていきましょう。

関連記事一覧