光を生かした空間を作り上げる建築家【安藤忠雄】独創的な世界観を紐解く

学歴や師弟関係が重視される建築の世界にあって、安藤忠雄は独学で建築設計を学び、東京大学建築学科教授となり、「世界のANDO」といわれるまでになった安藤忠雄。その作品の数々には経済人や文化人にも安藤ファンは多いほど。今回はそんな安藤忠雄の来歴や作品をご紹介します。

安藤忠雄のプロフィール


出典:TADAO ANDO
「世界で最も有名な現代日本の建築家は誰か?」
建築関係者にそう尋ねたら、10人に9人は安藤忠雄氏の名前を挙げるでしょう。
安藤忠雄は1941年9月13日に大阪生まれました。
言わずと知れた建築家でありますが、大阪府立城東工業高校在学中にはにプロボクサーの資格を得て、海外試合を経験した風変わりな経歴を持つ人物です。
独学で建築を学び,1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。最初の作品、大阪・住吉の長屋をコンクリート打放しで1個の箱形住宅に改築した住吉の長屋(1976年)で日本建築学会賞を受賞。自然と建築の調和を追求する作風で知られています。1991年ニューヨーク近代美術館 MOMAで日本人初の個展が開催されました。
代表作に六甲の集合住宅(1983年)、TIMES(1983~93年)、水の教会(1988)、光の教会(1989年)、セビリア万国博覧会日本政府館(1992年)、サントリーミュージアム天保山(1994年)、ユネスコ瞑想の空間(1995年) などがあります。フィンランド建築協会のアルバ・アールト賞 (1985年) 、フランス建築アカデミー賞(1989年)、プリツカー建築賞(1995年)ほか輝かしい賞を数々受賞。エール大学、ハーバード大学の客員教授を歴任。さらに1997年には東京大学教授に就任しました。2010年には文化勲章受章している、まさに日本を代表する建築家です。

安藤忠雄のここがすごい!


出典:instagram
過去にも現代にも生きる建築家
安藤忠雄は今も高齢な体ながら、熱い気持ちは変わらずに、毎日世界中を駆け巡っています。
彼のスケジュール帳の中は、なんと分刻みで予定がびっしりと入っているのだとか。どこへでも自分の足で、自分の目で見て作品を作り上げていくのです。

彼の作品の特徴は、何といってもコンクリート打ちっ放しの建物です。
初めて見た時には何ともいえない気持ちのような衝撃が走る建築作品を数多生み出してきた安藤忠雄。冷たい雰囲気を醸し出しコンクリートが、なんともおしゃれでモダン、重厚感があって、そして完璧に完成している、その壮観な佇まいは感動が溢れてくるほどのものばかり。世の中にありふれているコンクリート打ちっ放しの建物といえば、ただ石の塊のような、寒々としたものしか無いのが現状です。しかし彼の作品からは、コンクリートの建築の概念が覆されたような熱い気持ちが込み上げてくるはず。

若い頃から変わらない、妥協を許さない精神やこだわりは、今も彼を突き動かしています。様々な大学などで行うセミナーは、本当に説得力があり、見るもの聞くものを引き寄せる力があります。テレビでその活動する姿はあまり見かけなくなっても、今も前へ、あの早歩きで進んでいることでしょう。


出典:instagram
住吉の長屋
誰からも愛され続ける安藤忠雄と言う建築家。それは建築にこんなに闘争心を注入する人はいないと思わせる説得力も一因なのでしょう。元プロボクサーと言う経歴からなのでしょうか。格闘家になるくらいだから、どこかで闘いを求めているのかもしれません。

安藤忠雄を世に知らしめた代表作、住吉の長屋という住宅作品がありますが、外観から喧嘩を売ってるくらいの迫力があります。コンクリート打ちっ放しの表情に玄関の開口部のみの表情です。外部との関係を断ち切ってるかのようです。しかし、中に入ると、中庭があり、外部とも調和しています。中庭がある家など珍しくないと思いますが、この家のすごいところは、中庭を通って階段を登らないと主寝室に行けないということです。雨の日、雪の日、台風の日でもそこを通らないと部屋の行き来ができないのです。まさしく闘争心のむき出しの間取りだと思います。家の中と言えども、安心してぬくぬく暮らすなと言わんばかりです。光、風、雨、全て感じて生きていけというメッセージが込められていると思います。

しかし、実際に設計した人は安藤忠雄でも、住んでいる人は建築家ではありません。しかし、住人は建ててからずっと住吉の長屋に住み続けているそうです。安藤忠雄の闘争心に共感してなのか、こんな家を設計した安藤忠雄への闘争心かはわかりませんが、並大抵のことではないと思います。これは安藤忠雄の建築の一例ですが、全ての建築から闘争心を感じることができます。それは異例な経歴を持つ安藤忠雄ならではのテイストであるに違いありません。

連続する長屋の一部を切り取り、そこへコンクリートの箱を挿入した、大胆かつ明快な建築。1976年竣工当時、コンクリートをそのまま仕上げに用いるということ自体が珍しく、窓も無く、味気ないほどに無機質な外観は、当時の住宅設計の常識に反して、とても挑戦的かつ挑発的でした。総工費は既存建物の解体を含め1000万円程度だと言われていて、その厳しい予算も踏まえて生まれた建築であろうが、これこそが、安藤忠雄たらしめる作風のようなものが確立された建築でもあります。

住吉の長屋・内部イメージ

出典:instagram

その後安藤忠雄は大きなプロジェクト、海外のプロジェクトと活躍の場を広げ、当然ながら予算も膨れ上がっていくわけですが、一部安藤マニアにとってはこの住吉の長屋はこれほどまでに完成されて美しい建築は他にないと感じさせているほど。

住宅の基本は、屋根を掛け、雨風に強く、風が抜け、機能的であること。住吉の長屋は、部屋を移動する際、中庭を介さなければなりません。それは外部環境を強く取り込み、感じさせる強い存在でありますが、同時に雨が降ろうが台風であろうが、濡れながら移動するという事になります。そういうものを提案した安藤忠雄は確かに凄いですが、それを受け入れた施主も凄いですね。そういう意味では、住宅というのは住み心地が良いだけでは満たされない、建築家の個性と共に住まうことが生き方だという、施主の強い姿勢が伺えます。

東京で見られる安藤忠雄作品

東急東横線渋谷駅

出典:instagram
土自然と利用している方も多いであろう近代的な印象の強い東急東横線渋谷駅。こちらは安藤忠雄が設計した作品であります。木工事による地下のコンクリートの躯体に、全く異なるフォルムに包まれた駅舎空間を実現。卵型シェルが楕円形の吹き抜け空間を内包した構造。地中線(地下深くに浮遊する宇宙船)をテーマに、どこにいても自分の居場所が分かるよう設計されているのが特徴です。渋谷駅を利用される方は一度アート作品としての観点で見てみてください。

表参道ヒルズ

出典:instagram
こちらも知らずと利用している方が多いのではないでしょうか。表参道ヒルズは、歴史ある表参道の景観と環境との調和を第一に考え、設計に建築家の安藤忠雄を起用しました。 地下空間を最大限効果的に活用することで建物本体の高さをケヤキ並木と同程度に抑えるとともに、積極的に屋上緑化を実施。人々の記憶に刻まれた景色を次の世代に継承したいという思いから、旧同潤会青山アパートを“同潤館”として再生しました。 また、本館中央の吹抜け空間を螺旋状に囲むように位置する“スパイラルスロープ”は、表参道の坂とほぼ同じ勾配を持ち、第二の表参道として街と施設をつなぐ役割を果たしています。

表参道のケヤキ並木に溶け込む250、集合住宅と商業施設のコンプレックスからなる表参道ヒルズ。
参道と同じ勾配でスパイラルスロープが巡る大変印象的な建築です。より多くの面積を求める市場原理に支配される都市の中で安藤は、「都市の記憶の継承」を主題に、地権者と対話を繰り返しました。度重なる話し合いの末、既存の風景を壊さないよう高さを抑え、豊かなパブリックスペースを内包した地下3階地上3階の吹き抜け空間が完成しました。

21-21design sight

出典:instagram
六本木ヒルズのガーデンに佇む21-21design sightも安藤忠雄が設計を手がけた建築作品です。デザイナー・企業・職人・使い手という個々の点を一つの線へとつなぐデザインの拠点を目指し、日本の顔としての建築をテーマに掲げて設計されました。日本一長い複層ガラスや、折り曲げられた巨大な一枚鉄板の屋根など、日本が持つ建築技術を最大限に追求している作品。地下階が延床面積の約8割を占め、地上からは想像出来ないボリュームを内包しています。展示会場などとして使われる21-21design sightでは展示作品を楽しみながら、安藤忠雄の芸術的極みを味わうことができます。安藤忠雄が手がけた圧巻的建築作品のひとつです。

仙川・安藤ストリート

出典:instagram
調布市仙川駅近くの松原通り沿いに、安藤忠雄の建築が立ち並ぶ「安藤ストリート」。美術館・劇場・商業施設・集合住宅の6棟が2004~2012年にかけて建てられ、美しい街並みを創り出しています。安藤ストリートは総合文化芸術を推進するエリアにあり、都市道路計画により分断された敷地の再生を地主が安藤忠雄に託して実現しました。2004年5月の「シティハウス仙川」を皮切りに同年10月は「東京アートミュージアム」、11月に「仙川アヴェニュー・アネックスII」が竣工。2007年6月に「仙川デルタ・スタジオ」、12月には複合施設の「せんがわ劇場」「ふれあいの家(集会所)」「仙川保育園」が完成。2012年3月には最後の6件目「シティハウス仙川ステーションコート」が建てられました。エントラスから入り3階に、保育園は裏側に正門があります。「せんがわ劇場」は小規模施設の特徴を活かし、舞台芸術を楽しむ市民の育成や地域活性化と調布市のブランド力を高める発信地となっています。安藤ストリートは仙川の商店街「ハーモニータウンせんがわ」に比べ、美術館・劇場など大人の街としてより楽しむことができるスポットです。一人でまったり探索も、家族でのお出掛けにもおすすめです。

東急大井町線上野毛駅

出典:instagram

出典:instagram
ユニークな外観が評判を呼んでいる「東急大井町線 上野毛駅」の新駅舎です。
地域のランドマークを目指して設計されていて、キャッチーで近代的な美しさだけでなく機能性も追究して造られています。道路に分断された2つの改札をつなぐ大屋根には、ポッカリと開いた8mの円形トップライトが。これは、「人の集まる場」のシンボルとして、駅前広場に光と影の空間を演出するためなのだそう。さらに自然光を生かした明るいコンコースや屋上緑化、太陽光発電など、エコな工夫も取り入れられています。渋谷駅に続き、上野毛駅でも安藤忠雄のデザインに触れることができるなんて、誰でも利用できる駅だけに嬉しいですよね。

東京大学情報学環・福武ホール

出典:instagram
東京大学創立130周年を記念して、東京大学大学院情報学環の校舎として建てられた200人収容の大ホールを含む校舎です。福武ホールの特徴は、「考える壁」と呼ばれる長さ約100mのコンクリート壁と、建物前面に張り出した薄いプロポーションのコンクリート庇です。

出典:instagram
奥行きが15m、長さ100mの細長い建物は、京都の国宝建造物「三十三間堂」をモチーフにして設計されています。建物全体は、通り沿いの楠を遮らない高さに抑えるため、地下2階~地上2階の半分以上が地下に造られています。コンクリート壁の内側は地下2階まで吹き抜けのオープンスペースで、この空間は「表参道ヒルズ」や「21_21 DESIGN SIGHT」を彷彿とさせる作品です。

光を生かした独創的な空間


出典:instagram
異色の経歴を持つ一流建築家・安藤忠雄が生み出した建築物は、どれも独創的で光と空間が素敵です。安藤氏の建築物は日本国内はもちろん、世界中に点在していますが、今回は東京の代表的なもののみをご紹介しました。この機会に、都内の安藤忠雄の建築を巡ってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧